シビックにスターレット!? 昭和生まれの時代を先取りしすぎたクロスオーバーSUV4選 (1/2ページ)

シビックにスターレット!? 昭和生まれの時代を先取りしすぎたクロスオーバーSUV4選

今見ると「斬新」なRVモデル

 もはやブームという枠を超え、定番車種の仲間入りを果たした感すらあるクロスオーバーSUV。乗用車感覚で乗れる手軽さと、SUVらしい頼もしい雰囲気を併せ持っていることから、人気になるのも頷けるところだろう。

 しかし、1990年代前半はまだクロスオーバーSUVという言葉はなく、RV(レクリエーションヴィークル)車と呼ばれることが一般的であり、車種も乗用車をベースにクロカン風の架装を施したものが多かった。今回はそんな過渡期に存在したライトテイストのRV車を振り返ってみたい。

1)ダイハツ ミラ RV-4

 現在の軽自動車のクロスオーバーSUVといえばスズキ ハスラーやまもなく登場予定のダイハツ タフトなどが挙げられる。これらはプラットフォームこそ軽乗用車のものを使用しているが、上物は全く別のものとなっているが、3代目ミラにマイナーチェンジのタイミングで追加された「RV-4」は見ためはミラそのもの。「昭和のライトテイスト」のクロカン車5選

 フルタイム4WDでターボエンジンを搭載したモデルをベースに最低地上高のアップ、大型のフロントバンパーガードやルーフレール、背面スペアタイヤなどを装着し、SUV風に仕立てたものだった。しかし、4WDターボをベースとしたことが災いし、ミラの中でもトップクラスの高額グレードとなり(最廉価グレードのおよそ3倍の価格)今では幻のクルマとなりつつある。「昭和のライトテイスト」のクロカン車5選

2)スバル インプレッサ グラベルEX

 スバルのクロスオーバーSUVといえば今ではスバルXVがそのポジションを担っている。スバルXVのベースとなっているのはインプレッサであるから、インプレッサのクロスオーバーSUV版とも言えるが、元祖インプレッサにもRV風のグレードが存在していた。「昭和のライトテイスト」のクロカン車5選

 それが、1995年に初代インプレッサに追加された「グラベルEX」だ。インプレッサスポーツワゴンをベースに、こちらも車高アップ、バンパーガード装着、背面スペアタイヤ装着と、当時のRV車の定番アイテムを追加したもの。実は北米市場ではインプレッサアウトバックスポーツという名前で車高がアップされたものがラインナップされており、それをベースにしていたのであった。「昭和のライトテイスト」のクロカン車5選

画像ギャラリー