クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • オトナの常識は通用しない! 初めての子連れキャンプを成功に導くアイテム10選
OUTDOOR
share:

オトナの常識は通用しない! 初めての子連れキャンプを成功に導くアイテム10選

投稿日:

TEXT: 内舘綾子 PHOTO: 内舘綾子

(5)スタッキング可能で割れにくい【食器】

 意外とかさばりがちな家族分の食器は、スタッキング可能なタイプが便利。重ねて収納できるので、積載時やキャンプ場でも場所をとりません。

 素材はステンレスやアルミ、バンブー、メラミンなど、割れにくい食器を選びましょう。移動中や子供が落とした時など、怪我の心配がなく安心です。

 

(6)子供専用の【チェア&テーブル】

 大人と同様に、キッズチェアやベンチは必須。メインテーブルとは別に子供達用のテーブルを出してあげると、そこで遊んだり自由に過ごしてくれます。

 その間に料理をしたり焚き火を楽しんだり、親子で自由な時間が作れますよ。

(7)汗や汚れた時のために【多めの着替え】

 走り回ったり、転んだり…気付けば汗だく&泥だらけになっている子供達。風邪をひかないように、こまめに着替えることも大切です。1泊2日でもインナー・トップス・パンツを3着分と、替えの靴1足を用意しておくとよいでしょう。

 我が家では着替えをクッションに入れて、枕替わりにして使っています。撤収時には汚れ物と着ていない物に分けて詰めることで、帰宅後の洗濯が楽になります。

(8)車内に常備しておきたい【携帯トイレ】

 車内やテント内など、我慢できない緊急時に役立つ携帯トイレ。とくに大型連休など混雑が予想される時や、トイレトレーニング中など、用意しておくと安心です。子供用の座れる携帯トイレなどもあるのでチェックしておきましょう。

(9)朝晩の冷え対策に【スリーパー】

 寝相が激しいと、寝袋から出てきてしまうことも。着られる布団とも呼ばれるスリーパーなら、寝冷えを防いでくれます。普段から着用しているものだと、子供も安心して眠れますよ。

(10)子供が退屈しない【遊び道具】

 キャンプ場で子供を飽きさせない為にも遊具は必須。子供に「何を持っていく?」とお気に入りを聞いてみたり、キャンプ場で「新しいおもちゃだよ!」とプレゼントするのも特別感があり、喜んで遊んでくれます。

◆おすすめ遊具・おもちゃ◆
ボール、カイト、縄跳び、ストライダー、モルック、キックスクーター、スラックイン、砂場遊びセット、ハンモック、絵本、プロジェクター、カードゲーム、双眼鏡、花火(キャンプ場に要確認)etc…

 遊具がなくても、家にあるハサミやのりなどを持っていくだけでもOK!拾った草花で工作をして、キャンプの思い出を親子で作ってみるのも楽しいですよ。

 子連れキャンプでは、時に想定外のアクシデントに見舞われることも。落ち着いて対処できるよう、今一度、キャンプ道具を見直しておきましょう。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS