悪路を走れるだけなら「ただの四駆」! アウトドア派必見のイマドキ4WDは驚異の「神装備」満載だった (1/2ページ)

悪路を走れるだけなら「ただの四駆」! アウトドア派必見のイマドキ4WDは驚異の「神装備」満載だった

どんな道も安心! 最新の4WD走行モード

 クルマでキャンプやウインタースポーツに出かけるユーザーにとって四輪駆動車を選ぶことは、安心してあらゆる場所へ行くための保険のようなモノ。険しい悪路を走る機会は滅多にないかもしれないが、もしもそのような場面に遭遇した時、ドライバーを強力にサポートしてくれる最新のオフロード用走行モードについて紹介していきたい。オフロードで活躍する4WDの走行モード

4輪を最適制御する「マルチテレインセレクト」

 これまで本格SUVには、スバルの「Xモード」やトヨタRAV4で世界初採用された「ダイナミックトルクベクタリングコントロール」など、ブレーキをつまむことで駆動力を確保し、脱出や悪路走行をサポートしてくれる技術は多数あった。

 しかし技術の進化は著しく、悪路を余裕で走行するためのさらなる先進技術が登場している。その先進技術のひとつが、ランドクルーザーやレクサスLXに用意された「マルチテレインセレクト」だ。オフロードで活躍する4WDの走行モード

 簡単に言えば、オフロード走行でトラクションやブレーキを最適制御し、AWD性能をさらに向上させるもので、モードセレクタースイッチによって5つのモードから路面状況にもっとも適したモードを選択すると、各モードに応じたブレーキ油圧制御に切り替わり、駆動力を4輪に分配。険しい悪路や滑りやすい路面での走破性を飛躍的に高めてくれるのである。オフロードで活躍する4WDの走行モード

ハンドル操作だけで走れる「クロールコントロール」

 それだけではない。オフロードの素人でも安心して極悪路の走行ができる先進技術が、「クロールコントロール」だ。なにしろ、凸凹の激しい極悪路や滑りやすい路面を極低速走行する際、トランスファーギヤ位置が“L4”で、シフト位置が“P”または“N”以外で作動させると、ドライバーはアクセル、ブレーキ操作不要。ステアリングを操作するだけでクルマ側で(自動的に)極低速走行してくれる。オフロードで活躍する4WDの走行モード

 例えばスタックした場面では、ホイールスピンや車輪のロックを制御することで脱出能力が高まり、同時に駆動系への負担も軽減してくれるのだ。極低速走行といっても、岩場、降坂、モーグル(登坂)、雪道や砂利、砂地などの状況に応じて、5段階の速度設定(Low/Low-Mid/Mid/Mid-High/High)ができるあたりも、ある程度の悪路状況判断能力は必要とはいえ、キメの細かいユーザーフレンドリーな技術といわざるをえない。オフロードで活躍する4WDの走行モード

 また、山の尾根をトレイルするような場面では、何度も切り返しを行なわないと曲がり切れないタイトコーナーに遭遇したりする。そんな場面でも、クロールコントロール走行時なら、切り返しが必要なタイトコーナーに差し掛かった際、舵角センサーがドライバーの旋回する意思を判断。後輪内側のブレーキ油圧を制御することで回頭性、曲がりやすさを高めてくれるのだ。結果、切り返し操作が少なくて済むようになる。オフロードで活躍する4WDの走行モード

画像ギャラリー