使わずともドコでも普通に走れるけどいつ使う? 本格4WD車についている「デフロック」とは

使わずともドコでも普通に走れるけどいつ使う? 本格4WD車についている「デフロック」とは

デフロックは悪路走行時の最終兵器

 人気のSUVのなかでもクロカン系と呼ばれるオフロードにおける悪路走破性能の高いモデルには、LOCKとかHi・Loと表記されたセレクターがある。そのなかでもLoとLOCKは、過酷なオフロードでの走破性能を高めるために駆動力を最大限に路面へと伝達するモードだ。今回はちょっとマニアックだが、万一のときに絶対に役立つ知識として紹介しよう。

デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム

4WD操作スイッチにある”H”の意味は?

 半分笑い話だが、助手席の女性が興味津々に人指し指を近づけながら「この“H”のスイッチは何なの?」と尋ねた。すると運転席の彼は笑いながら「Hじゃないよ、“デフロック”だよ! これを押すとね、どんな所でも走れるようになるんだ」と回答。(彼女が指で指す“H”は4WDのデフロックを意味する図案化表示だった)

デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム

 メーターに点灯表示された4L(超低速4輪駆動の意味)/LOCK のランプを見せながら意気揚々と発進。得意気にハンドルを切って出ようとすると、なんとクルマは突然苦しそうにギクシャクして動かなくなってしまう。予期せぬ出来事にしたり顔の彼も大慌て、冷や汗ものの事態に…という恥ずかしいオチまでついてくる。

 じつはこんな顛末、デフロック付きのクルマに乗っている人が、舗装路でLOCKにしたときの “アルアル”なお話なのである。彼が言った「どんな所でも走れるようになる」という発言は決して嘘じゃない。でもその使い方が間違っていたのだ。

スタックからの脱出時に実力を発揮する

 そもそもデフロックは通常舗装路で使うものではないし使う必要もない。日本で普通に道路を走っている限り、おそらく、それを使うチャンスは全く訪れないと言っても過言ではない。デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム 本来デフロックはクルマがスタック(車輪がスリップして立ち往生する事)からの脱出やそんなリスクを防ぐために使う装置で、滑りやすい泥濘路や起伏の激しい特殊な状況下でのみ使用する。少なくともタイヤのグリップが安定的に得られる舗装路の通常走行では使用しない。デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム

 また砂地や泥濘(ぬかるみ)、積雪等に足をとられる等の特殊なシーンで効果的にそれを使う場合でも、走る速度はせいぜい小走りぐらい、10km/h未満レベルで、ソロリソロリとクルマや乗員をいたわりながら進むと理解しておくのが正解なのである。
 
使用するときは、セレクターレバーやスイッチ操作でOK。停車時に扱うのが基本だが、走りながらON/OFFできるクルマもあった。デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム

 ちなみにデフロックとは、デファレンシャル(差動装置)の働きを固定して左右輪やフルタイム4WD車の前後輪を一時的に直結状態にする装置なのだ。ヘビーデューティーなオフロード車には、フロント、センター、リヤのそれぞれにデフロックを装備するケースもある。

  詳細なメカ解説はここでは割愛するが、一般的なデフは片輪がスリップするとタイヤは虚しく空転するのみで動けなくなってしまう。車輪の差動を許容してくれるデファレンシャルは、クルマにスムーズな旋回性をもたらす必要不可欠なアイテムだが、片輪が浮いて(接地荷重が抜けて)しまうと他方には駆動力が伝わらなくなる欠点がある。

 たとえフルタイム4WD車でも、片輪が泥濘地にはまったり持ち上がってしまうと、タイヤが空転して意外と意気地なく身動きできなくなってしまうケースはある。そんな時にデフロックを使えば、接地しているほかのタイヤの駆動力を使って脱出可能になると言うわけだ。

デフロックが過去の遺物となるのはもうすぐ

 当初デフロックはメカニカルな構造を持つシンプルな物だったが、フルタイム4WD の普及と共にさまざまな電子制御方式が登場。最近ではデフロックを装備せず、デファレンシャルの機能を活かすカタチで、空転する車輪にブレーキを掛けてしまう統合電子制御でデフロックと同様な機能を果たす仕組みが広く普及している。デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム  クロカン4WDの代表格であるスズキジムニーに標準装備されているのも“ブレーキLSDトラクションコントロール”だ。トランスファーレバーで4L(4輪駆動の低速)を選択すれば、空転する片輪にブレーキ制御が自動介入してもう一方の車輪に駆動力を発生させることでスタック状態から脱出できる。

デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム こうしたブレーキ等の介入制御はますます進化し、より多くの事が統合制御されるようになる。結果的にドライバーはデフロックの存在や意味、そして操作方法等一切に頓着する必要は無くなってくるだろう。デフロックは悪路走破性の高いSUVについている駆動系のシステム ましてやハイブリッドやEVの市場ボリュームが膨らむと、モーター駆動制御を組み合わせた4WDも普通になるだろう。さらに言うとインホイールモーターを活用した4輪独立駆動のモーター制御であれば、もはやデフロック、少なくともメカニカルな装置は不要となる。
 
同時にドライバーがコントロールに介入(意識)する機会はどんどん縮小されて、各車輪が個々に常に最適なトルク制御で安定して効率の良い駆動力が発揮され、どんな状況下でもスイスイと走れるようになることは間違いない。

 そうなったときは “デフロック”は過去の物になってしまうことだろう。

画像ギャラリー