「タープの設営が楽になる」「うちのワンコが大喜び」 クルマでアウトドアに行った時に重宝する「愛工房」の2アイテム

「タープの設営が楽になる」「うちのワンコが大喜び」 クルマでアウトドアに行った時に重宝する「愛工房」の2アイテム

アウトドア初心者でも“玄人キャンパー”に見せる機能性パーツ

 JB64ジムニー&JB74ジムニーシエラの発売当初から専用パーツの開発に取り掛かり、多くのアイテムをリリースしている愛工房。代表自らジムニーを所有し、手軽にカスタマイズできるパーツだけでなく、ジムニーでアウトドアに出かけた際に「使える」アイムを製作。現時点でアイテムは何と100点を超えるという。

 そこで今回は、いま大流行中のアウトドア&キャンプに使える『MKタープマルチホルダー』と『パラソルスタンド』を紹介。どちらも使い勝手の良い機能性パーツとなっていて、タープの設営を苦手にする人や、愛犬を連れてのキャンプを考えている人で「日よけ対策」を検討している人にピッタリのパーツである。

煩わしい設営が一気に楽になる 『MKタープマルチホルダー』

 まず紹介するのが『MKタープマルチホルダー』。愛工房のMKタープマルチホルダー

 今回紹介するジムニーやハイエース、キャラバンといった、ルーフにレインガーターがある車両に取り付けて、タープ設営に使うアイテム。気になる装着方法も、レインガーターに挟み込んで手締めするだけで工具不要。MKタープマルチホルダーにタープをひっかけている

 タープは大まかに「自立式」と「非自立式」の2つに分かれる。「自立式」は4本の足を広げるだけで設営できるが、車内収納を考えると重さと嵩張るのが気になる。いっぽうの「非自立式」はポールと張り綱、ペグを使って立てるタイプ。重さや嵩張りは少ないが、その名の通り自立しないので不慣れだと立てるのが意外と大変。形はスクエア(長方形)や今回広げているヘキサ(六角形)などがある。MKタープマルチホルダーを浸かって設営したタープ

 新作の『MKタープマルチホルダー』は、後者の「非自立式」に使うアイテム。「タープの設営くらい説明書を読めばできるでしょ」と思うだろうが、年に1、2度しか行けない人からすればテント張りやタープの設営は毎回初めておこなうようなもの。できるだけ簡単に設営できるならそれに越した事はないのだ。

 そこで『MKタープマルチホルダー』。ヘキサタープであればグロメットに張り綱を通して、マルチホルダーの締め付けボルトにあるホールに通して締める。これだけで1ヶ所ポールを立てた状態と同じになる、というワケ。MKタープマルチホルダーをレインガーターに挟んで共締め

 タープ設営で初心者が最も苦戦するのがポールを立てるところ。これが1本代用できるというのは、設営が苦手な人にとっては非常にありがたい。タープ設営で一番大変な1本目の自立が楽になる

 あとは対角線上にあるグロメットにポールを付けて自在金具の付いた張り綱に合わせてペグ打ち。メインポールを立てつつ、あとは張り綱を締めていけば立てられる。同様に他のポールも付けていけば設営は完了する。対角線上のポールを固定して安定したタープ

 ここで気になる事が。クルマに固定すると設営後の買い出し等にクルマが動かせないのでは? と思うかも知れないが、タープ自体がしっかり設営されていれば、マルチホルダーに固定した張り綱を外しても崩れる事はない。つまり急なクルマでの移動もできるのでご安心を。愛工房のデモカー、JB64Wジムニー

 また『MKタープマルチホルダー』にはホールがいくつか奢られているので、写真のようにラックに掛ければ自分のサイトがさらに充実。ラックは付属しないが、100円ショップなどで売っているのですぐに用意できる。「ウチは例えば調理具や刃物などを置くのに重宝していますね」。もちろんラック以外にも色々付けられるので、自分のスタイルに合った使い方をして欲しい。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

ペットも安心して連れて行ける『タイヤ踏み式パラソルスタンド』

 もう一つのアウトドア便利グッズが『タイヤ踏み式パラソルスタンド』。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

 年々ペット同伴OKのキャンプ場は増えてきているが、そこで気になるのが愛犬の熱中症問題。言わずもがな、犬は暑さに弱い。車内でエアコンを付けてとなると、キャンプ場を使う上でのマナーに抵触する(アイドリング不可のキャンプ場がほとんど)。

 だからといって、愛犬を外に出しておくのも今のような酷暑シーズンでははばかれる。高地にある林間サイトならまだしも、そうでないならなかなかの問題。だからといって家族の一員であるワンコを家に置いていくワケにもいかない。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

 そこで『パラソルスタンド』の出番。その名の通りパラソルを立てるためのスタンドで、ステンレス製の本体をタイヤで踏んで固定させるアイテム。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

 人間のタープ同様、直射日光が当たらないだけで体感温度はかなり違う。そこにテーブルセットを設置すれば、人間が日よけとして使う事ももちろん可能だ。キャンプだけでなく、ちょっとしたドライブの休憩などにも使えるのはいうまでもない。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

 本体にはリードフックが備えられており、リードを掛けられる仕様になっている。同社代表も犬を飼っていてこの問題に直面し「何かいい方法を」と考案して製品なだけに、この辺りは抜かりなし。同製品はパラソルも付属(注:色は選べません)。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

 普段から車を眺めて必要と感じたことや、キャンプやBBQに出かけて閃いたアイテムなどをカタチにする愛工房だけに、今後も使えるパーツは増えていきそうだ。

【詳しくはこちら】
◆MKタープマルチホルダー
価格:9800円(税込)

◆タイヤ踏み式パラソルスタンド
価格:1万9500円(税込)

(問)愛工房
tel.048-998-8899
http://www.megumikobo.jp/

 

【撮影協力】
サンタクロースの森「サンタヒルズ」
◆栃木県那須郡那珂川町三輪967
◆tel.0287-96-4622
https://santahills.co.jp/

 北関東の栃木県那須郡にあるオートキャンプ場&コテージのある宿泊施設。コテージは別荘クラスの高規格コテージからリーズナブルなバンガロータイプまで計20棟を場内に設営、約200名近くの団体客も収容可。またペットと一緒に泊まれるのも魅力で「こどものひみつきち」や「ハンモック広場」など、子どもが遊べる施設も用意。パーツメーカー愛工房のアウトドアに使えるアイテムの紹介

画像ギャラリー