手抜きは「即」修理工場行き! 常人なら「面倒くさすぎ」音を上げる「旧車乗り」の常識7つ (1/2ページ)

手抜きは「即」修理工場行き! 常人なら「面倒くさすぎ」音を上げる「旧車乗り」の常識7つ

何事も“丁寧なケア”が必要となる旧車ライフ

 現代のクルマはメンテナンスフリー化が進んで、日常使いでも特段何かに気を使うことなく運転することができる。超長期的には不具合や不調が出るかもしれないが、エンジンをかけてそのまますぐに走り出そうが、雨の日に乗ろうが問題なし。駐車する時だって、場所を選んだりする必要もない。

 しかし、旧車となると真逆と言っていいほど気を使ったり、丁寧に扱わなければいけなかったりする。実際の経験を踏まえて、旧車を所有するうえでの注意点をご紹介しよう。

【関連記事】「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

峠道を走るケンメリGT-R画像はこちら

【駐車場所】

 出先では現行車と同じで良いが、自宅駐車場は気を使いたい。屋根付き、シャッター付きの屋内保管がベストだが、無理な場合は砂利だけでも避けたいところ。理由は湿気が地面から上がってくるし、こもりやすいから。旧車の保管に適したガレージ画像はこちら

 実際の例として、駐車場を舗装から砂利にした途端に下回りが錆びるようになったというのがある。砂利の駐車場しかないという場合は、雨の後は動かして車体まわりの空気が少しでも入れ替わるように換気をしたい。錆びを誘発しやすい砂利の駐車場画像はこちら

【ボディカバー】

 こちらも湿気がこもるからダメと言われるが、それは一理ある。ただ最近はゴアテックスなどの素材を使って、通気性を確保したボディカバーもあり、少々高価だがそれを選べは良い。ボディカバーを勧める最大の理由は、紫外線から守るため。ボディ自体は全塗装という方法もあるが、ゴム類は生産中止になっていることも多くて、できるだけ延命を図りたいからだ。また内装のインパネも同様のことが言える。雨や紫外線からボディを守るボディカバー画像はこちら

 ボディカバーをしてみるとわかるが、数カ月で色はあせ、カサカサになってくる。紫外線が原因なのだが、もしカバーをしていなかったらクルマそのものがダメージを受けているかと思うとゾッとする。

【ワックスがけ】

 美観のためだけではなく、塗装の保護という点でもワックスがけやコーティングは定期的に行おう。目的はもちろん水分を寄せ付けないためと、塗装そのものの劣化を防ぐため。塗装というのは簡単に言ってしまうと樹脂なので、油分の補給は重要だ。旧車のボディはワックスがけが必須画像はこちら

 ちなみに洗車時は、ボディを拭き上げたら周辺をひと走りすることも旧車オーナーは忘れずに実践したい。言わば自然のエアブローといった感じで、ウエスで拭き取れなかった車体の奥や隙間の水分を飛ばすことができるからだ。

画像ギャラリー