クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 名車だらけの「いすゞ」乗用車のハイパフォーマンスモデル! 「イルムシャー」ってそもそも何?
ワークスチーム
share:

名車だらけの「いすゞ」乗用車のハイパフォーマンスモデル! 「イルムシャー」ってそもそも何?

投稿日:

TEXT: 原田 了 PHOTO: 原田了,いすゞ自動車,OPEL,Auto Messe Web編集部

SUVのビッグホーンをイルムシャーでフルライン化

 ジェミニもアスカも、そのモデルライフの終盤には、他社からのOEMモデルとなってしまいましたが、最後までいすゞが自社開発し、さらに他メーカーにOEM供給されていた、言うならばいすゞを代表するクルマとなったのがSUVのビッグホーンでした。

 そしてこのビッグホーンにも、イルムシャー仕様が用意されていました。最初に登場したのは87年のこと。ジェミニのイルムシャー・モデルの登場から、わずか1年しか経っていませんでした。イルムシャー仕様のビッグホーン

 ビッグホーン自体、登場した時はショートボディ/ロングボディ、メタルトップ/ソフトトップのバリエーションはありましたが、すべて2ドアの4ナンバーのみでした。そこで5ナンバーのワゴンモデルや4ドアモデルなど、フルライン化が進められることになりました。

 その一環として、評判の良かったイルムシャー・モデルにもフルライン化の波が押し寄せてきました。ボディだけでなくエンジンも、直噴ディーゼルから2.6ℓのガソリンエンジンまで選択肢はずいぶん広がっていきました。もしかしたらイルムシャーのステッカーが最も似合っていたクルマは、CMで印象深かったジェミニではなく、ビッグホーンだったのかもしれません。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS