「車外積載派」は要注意! クルマのキャリアの「はみ出し積み」で違反にならない範囲とは (1/2ページ)

「車外積載派」は要注意! クルマのキャリアの「はみ出し積み」で違反にならない範囲とは

ラゲージルームを車外拡張するキャリアはとても便利な運搬アイテム

 コロナ禍で3密が避けられているなか、オープンエアで換気の必要がないキャンプやアウトドアは活況を呈しているようです。自家用車にアウトドアギアを満載して出かける際、人数や貨物量によっては車内のラゲッジルームに荷物が収まらないケースも出てきます。そんなときのためにキャリアを装備している方も少なくないのではないでしょうか。

【関連記事】リモートワークが捗りすぎる「働き方改革」! 「車内ライフハック」快適ツール5選

軽自動車でははみ出してもいい長さは34cm画像はこちら

 キャリアといえば代表的なものはサーフボードやスキー・スノーボードですが、近年はロードバイクやカヌー・カヤックを積載できるルーフキャリアやリアキャリアも登場しています。キャリアに貨物を搭載すればシートを潰してラゲージルームに押し込む必要がなくなるため移動も窮屈にならず快適です。このキャリア、装着や使用にあたって法律上はどのように定義されているのでしょうか。

ユーザーが装着したパーツは車検証の構造変更にあたらない

 例えばルーフキャリアを装着すれば取り付けベースで全高が少々高くなりますし、ショックアブソーバーの変更では車高が下がることもあります。しかし「指定部品」と呼ばれるパーツ装着での軽微な変化について、車検証の記載事項変更にはあたらないものとする、という通達が平成7年(1995年)に国土交通省自動車交通局から出されました。車検が通る後付けルーフキャリア画像はこちら

 実は先立って行われた日米包括経済協議において日本の規制基準が貿易障壁とならないよう緩和され、米国製自動車部品販売の妨げにならないよう配慮されたわけです。実際には「長さ±3cm、 幅±2cm、高さ±4cm」の範囲内であれば構造変更に該当しないと通達されました。つまりこれは、道路運送車両法施行規則の見直しということになります。

キャリアの使用時に適用される道交法の積載規定に注意

 日本の道交法では積載物のはみ出しについて施行規則で規定されており、「長さは10分の1、高さ3.8m(軽は2.5m)、幅は越えないこと」となっています。たとえば軽自動車は全長3.4mですから前方か後方にはみ出すことのできる長さは34cmです。幅にいたっては1.48mですから、リアキャリアに1.48mを超えるロードバイクを左右にはみ出すように積載することはできないことになります。アウトドア用品をルーフなどに積み込む際にははみ出してはいけない長さや幅の規則がある画像はこちら

 また軽自動車の場合、ルーフキャリアに全長3.74m(3.4m×1.1)を超えるカヌーなどの長尺物を積載することもできません。積載にあたっては自分の車の全長を把握し、10%以内に収まるものを積載する必要があります。このほか、ハンドル操作の妨げ、ミラーで後方確認できない、ナンバーや制動・方向指示・尾灯・反射鏡が視認できないような積載方法も法律上禁止されています。

画像ギャラリー