「仮面女子」の猪狩ともかさんが「HDRS」に参加! 愛車のヴィッツでサーキットを走る (1/2ページ)

「仮面女子」の猪狩ともかさんが「HDRS」に参加! 愛車のヴィッツでサーキットを走る

愛車のヴィッツで初サーキット

 2018年4月、強風で倒れた案内板の下敷きとなり、脊髄損傷により車いす生活を余儀なくされながらも、それまでと同様に地下アイドル「仮面女子」として活動を続けている猪狩ともかさん。2020年9月2日、千葉県・袖ケ浦フォレストレースウェイで、健常者・障がい者が分け隔てなくサーキット走行を楽しもうという趣旨のもとに開催されている「HDRS」に参加した。

「HDRS(ハンド・ドライブ・レーシング・スクール)」は、車イスレーサーの青木拓磨選手が障がい者でもサーキット走行を楽しめる機会を、と進めているプロジェクトで、2011年から始めている活動のひとつ。年に数回、この袖ケ浦のサーキットを中心に、各地のサーキットで開催をしているもの。

HDRSに参加した皆さん画像はこちら 青木拓磨選手は、1998年に2輪GPマシンのテスト中の事故によって脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくされて4輪ドライバーに転向している。その4輪レーサーへの転身の際の経験をもとに、このスクールを開講している。

猪狩ともかさんと青木拓磨選手画像はこちら レーシングスクールと銘打っているが、もちろんサーキットでの走行、そしてタイムアップなどを伝えるのは前提。そのレースに向けたノウハウとは、もちろんだが、障がい者のドライビングスクールという面も大いにあって、それぞれの身体の状況を確認しながらも、より安全な乗車姿勢や、車両の扱い方をレクチャーしているスクールである。

 障がい者の方々が実際に普段使用している車両を持ち込んで走行できる。また、青木選手は、日産マーチカップ(K12型の3代目マーチによるワンメイクレース)で使われていたカップカーをベースにHDRS用に運転補助装置を装着した車両も用意し、実際にMT車での走行を体験する場も提供する。今回は、青木選手とともに、レーシングドライバーの山田遼選手も講師として参加している。

猪狩ともかさんの愛車のヴィッツで初サーキット画像はこちら 猪狩さんが主演を務める映画「リスタート:ランウェイ〜エピソード・ゼロ」での青木選手との共演がきっかけ、で今回、猪狩さんがこのスクールに参加することとなった。猪狩さんは事故前にすでに自動車免許は取得していたが、入院中に免許の書き換えを行い、1年ほど前に、今回持ち込んだ愛車のヴィッツを購入している。ヴィッツには、ステアリンググリップで右手でステアリング捜査をし、左手で加減速の操作をする。また移乗用の補助ボードも装着している。

猪狩ともかさんのヴィッツの内装画像はこちら 猪狩さんは「(手の操作だけで)運転できるなんて知らなかった」という猪狩さんだったが、入院中にそのことを知り、電車での移動よりも楽だろうし、便利だろうな、ということで、車両の購入に至った。「今はいつも誰かと一緒に移動していますが、いつかは一人でドライブに行けるようになりたい」と車いすの積み込みの練習も重ねている様子。

猪狩さんがレクチャーを受けている様子画像はこちら

画像ギャラリー