生き物のような「一体感」を得られた唯一のクルマ! 世界にわずか337台の名車「トヨタ2000GT」の衝撃 (1/2ページ)

生き物のような「一体感」を得られた唯一のクルマ! 世界にわずか337台の名車「トヨタ2000GT」の衝撃

007のボンドカーとしても登場した日本の名車

 トヨタ2000GTは、いまでも心ときめかすスポーツカーである。1967年に発売された当時の私は、12歳で、中学1年生だった。

 振り返れば、この流麗な造形が5ナンバー車枠でつくりあげられていることに驚く。なおかつ、いまその現車を見ても、5ナンバー車だから小さく感じるということもない。流麗かつ引き締まって見えるとしても、けっして存在感を軽んじられるような外観ではないのである。どのような名車と並んでも、トヨタ2000GTは今日なお強い個性と美しさを発揮しながら、浮き立って見えるに違いない。後期型のトヨタ2000GTのリアビュー

 時代を問わず、また世界を見渡しても、引けを取らない存在であるからこそ、英国の映画007のボンドカーとして選ばれることになったのだろう。なぜなら、その映画でボンドガールを演じた浜美枝の話によれば、英国を訪れた際には一流のホテルに宿泊し、ボンドガールにふさわしいスターとしての装いで外出するように言われたという。ちなみにそのホテルには、オードリー・ヘップバーンも訪れたとのことだ。映画007に登場したトヨタ2000GTのボンドカー

 実は、トヨタ2000GTに憧れる気持ちから、少年時代の私はトヨタファンであり、ことにレースではトヨタ7の活躍に胸をときめかせた。国内レースでは、プリンスや日産が技術の粋を活かし一流であるという評判がやはり高かった。富士スピードウェイを走行するトヨタ7

 もちろん、自動車メーカーとしてトヨタの存在は負けず劣らず大きなものであったが、レースや技術という側面では、二番手との印象があったのである。それでもトヨタがヤマハと共に、国産技術を駆使して築き上げたトヨタ7というレーシングマシンは、心に焼き付いて離れない。富士スピードウェイを走行するトヨタ7のリアビュー

 まだ年齢的に子供であったため運転免許証はなく、もちろん経済的にも高価なトヨタ2000GTを手に入れるほどの家庭でもなく、モーターショー会場のひな壇の上にあるのを眺める以外に接する機会はなかった。

画像ギャラリー