「ダメージデニム」に「後付けシートヒーター」まで! クルマのいまどき「シートカバーカスタム」の完成度が圧倒的だった (1/2ページ)

「ダメージデニム」に「後付けシートヒーター」まで! クルマのいまどき「シートカバーカスタム」の完成度が圧倒的だった

シートカバーの最先端をチェック

 インテリアカスタムで目を引くのは、やはりシートカバー。面積も大きくてイメチェン効果が高く、常に触れるパーツだけに質感の向上はダイレクトに実感できる。新車から装着すれば純正シートの保護にもなるので、愛車を大切にしたい人も注目のアイテムだ。ホワイト×レッドステッチ入りのシートカバー

 アフターパーツの市場でも人気のあるジャンルだけに、オーソドックスなものから個性的な柄や素材を用いたものまでさまざまなタイプが次々と登場している。今回はそんなシートカバーの最前線を見ていきたい。オーソドックスなブラック基調のシートカバー

質感・機能性・デザイン性など大幅にアップ

 昔のシートカバーというと、使っているうちにズレやシワが出てしまい、残念なルックスになる製品が多くあった。素材もブラックレザーが中心で個性は乏しく、低価格品の素材は密着してムレることもあり、使っていて嫌になった人もいることだろう。

 しかし、最新のシートカバーは全然違う! フィッティングに優れるのは当然のこと、素材、デザイン、さらには機能性もアップするなど、大満足のカスタムアイテムに進化しているのだ。ホワイトアッシュ系カラーのシートカバー

【デニム生地】

 シートカバーの素材といえば、今もPVCなどの合皮レザーが主流。質感や感触に優れたスエード調素材をセンター部にあしらう製品もあり、ドレスアップシーンでは定番アイテムとなっている。センターパートにスウェード調生地を採用したシートカバー

 シートカバーの最新スタイルとして注目される素材がデニムだ。色落ちしにくい特殊な素材を採用しており、独特の風合いとタグやステッチを盛り込んだカジュアルなデザインがとても新鮮。デニム生地のシートカバー・フロントシート

 オシャレなルックスはアウトドア系スタイルに良くマッチするので、ジムニーやハスラーのドレスアップで人気となっている。ダメージデニム(もちろんルック)を盛り込んだ製品もあるので、普段からジーンズを愛用する人なら、こだわりのコーディネートが可能だ。デニム生地シートカバーのダメージ加工部分

画像ギャラリー