「オバフェン」「チンスポ」の昭和の族車! じつは真面目なレースがルーツだった (1/2ページ)

「オバフェン」「チンスポ」の昭和の族車! じつは真面目なレースがルーツだった

レーシングマシン風の改造車スタイル

「グラチャン族」という言葉をご存じだろうか。昭和の時代に大流行したいわゆる暴走族で、レーシングマシン風の派手な外装を施した改造車に乗り、公道を走り回っていた街道レーサーたちのことだ。

 もちろん、今ではほとんど姿を見なくなったスタイルなのだが、オバフェンやチンスポといった独自のスタイルやカスタム用語を生みだし、後に生まれるカスタマイズに影響を与えたものも多い。懐かしく個性あるスタイルだけに愛蔵されるミニカーモデルになって市場を形成しているほどなのだ。また、最近は海外でも注目されていて、一部ではあるがちょっとホットな話題にもなっているようだ。青島文化教材社から出されているグラチャン族ミニカーモデル

 ここでは、そんなかつて人気だった暴走族文化であるグラチャンは、一体どんなものだったのかを検証する。

富士スピードウェイのレースが由来

 グラチャンは、1970年代から1980年代にかけて大きな人気を博したレース「富士グランチャンピオンシリーズ」に由来する。サーキットを走行するスカイランGT

 1971年から開始されたこのシリーズは、富士スピードウェイを舞台に、ポルシェやマクラーレンといった海外製のレーシングカーはもちろん、日産のスカイラインGT-Rやフェアレディ240Z、マツダのサバンナRX3、ホンダのS800といった市販車ベースの改造マシンまでが出場したレースだ。様々なクラス車両が混走もしていたグラチャンで大人気のスカイランGT

 特に、1970年代後半頃には、星野一義氏をはじめとする当時のトップレーシングドライバーの活躍に人気が集まり、「グラチャン」の愛称で親しまれ大ブレイクした。

「グラチャン族」は、当時このレース(サポートレースの前座レースも含め)に出ていたドライバーやレーシングマシンに憧れた若者たちを中心に広がったものだ。前述の通り、グラチャンに出ていたレーシングマシンなどを模した派手な改造車に乗り、若い熱情もほとばしってしまい街中で暴走行為などを繰り返していた。1/64サイズの「グラチャン」ミニカー、オーバーフェンダーもでかい

 また、グラチャン開催時には、富士スピードウェイに集まるのが常。多くの一般観客が集まるグラチャン会場での集会や暴走行為などは、迷惑行為として社会問題にまで発展した。

グラチャン改造車の特徴

 グラチャン族が乗る改造車の特徴は、内外装にレース用パーツなどを装備して、レーサーさながらの低い車高にしていたことだ。人気のレーサーのスタイルを振り返れば、それが分かるだろう。フロントに引き締まった感のチンスポイラーがあるマツダRX3

 例えば、フロントバンパー下部には空力パーツのスポイラー、ワイドトレッドの太いタイヤにスポーツホイール、前後フェンダーを拡張したいわゆるオーバーフェンダーなどを装着。さらにはエンジンの馬力をアップしていたり、内装にもバケットシートやロールバーなどをあつらえレーシングマシン風の仕様になっていた。グラチャン仕様定番カスタム・オーバーフェンダーにスポイラーを施したZ

 また、これらの改造から様々なカスタム用語も生まれている。例えば、車高を低くすることを「シャコタン(車高短)」、フロントバンパーのスポイラーを「チンスポ」、オーバーフェンダーを「オバフェン」といった具合だ(ちなみに、チンスポのチンとは、アゴの英語であるchinのこと。クルマのバンパー下をアゴに例え、そこに装着したスポイラーの意味)。そして、これらの一部は、今でも通用するカスタム用語として定着することになる。

 ベース車には、スカイラインGT-RやフェアレディZ、RX-7といった当時のスポーツ車から、1980年代に入るとクレスタやセドリック、グロリアといったセダンタイプまで様々な車種がそろっていた。レーサー風カスタムの高い人気により、ベース車の幅も広がっていったのだ。クルマカスタムの王道を経てきたスカイラン

 ちなみに、セダンをベースとしたカスタマイズといえば、1990年代前半頃に生まれた「VIP(ビップ)」というジャンルがあるが、低い車高やエアロパーツ、オーバーフェンダーなどのスタイルは、グラチャンに通じるところも大きい。また、VIPは2000年前後に一斉を風靡し、セダンだけでなくミニバンや軽自動車などにも波及、車種を越えて同様のカスタマイズスタイルが受け継がれていくことになる.

画像ギャラリー