オプション選択は先読み勝負! 「高齢チョイ前」の家族がいるなら装備したい「乗降ラクチン系」装備3選 (1/2ページ)

オプション選択は先読み勝負! 「高齢チョイ前」の家族がいるなら装備したい「乗降ラクチン系」装備3選

オプション装備まで含めたクルマ選びが大切

 クルマ選びにおいて家族構成というのは重要なファクター。チャイルドシートを使うような小さな子どもがいれば、抱っこしたまま乗せやすいスライドドアのクルマが欲しくなるものだし、3世代同居であれば3列シ−トのミニバンやSUVが候補にあがってくるだろう。3列シートのミニバン

 とはいえ、クルマ選びが難しいのは「その瞬間のベスト」を選べば良いというものではないこと。子どもは成長するし、高齢の親世代は年々衰えていくのは自然の摂理だ。だから最低でも3~5年は先読みして車種を選ぶ必要がある。クルマ選びだけでなくオプションやアクセサリーの選択でも、そうした点に考慮することは重要だ。クルマ選びは最低でも3~5年は先読みして車種を選ぶ必要がある

 では、高齢な家族がいる場合にどんなことを考えてアクセサリーやオプションを選んだら良いのだろうか。ここでは3つの具体例を挙げながら、選び方のヒントをお伝えしよう。

使用状況に合わせて設置できる「ラクスマグリップ」

 まず、高齢者になると足腰が弱ってきて、乗り降りが難しくなる。そのためステップ(サイドシル)が低いクルマを選びたいが、一方で開口部の広さでいうとスライドドアが有利にみえる。ただし、スライドドアはレールを収める関係からヒンジドアよりステップが高くなるがち。そこでポイントになるのが乗降性をサポートするアシストグリップだ。乗り降りをサポートするダイハツ・タントの「ラクスマグリップ」助手席用

 標準装備で大きなアシストグリップを採用しているクルマを選ぶのも手だが、ダイハツ・タントの「ラクスマグリップ」のように主に座るシートやアシスト量に応じて、複数のグリップが用意されていると、状況に合わせやすいので便利だ。しかも、このラクスマグリップは高齢者の気持ちを第一に考えて、「出かけたくなる」気にさせるような使い勝手に仕上げているという。機能一辺倒だけでなく実際に使う人の気持ちに寄り添った選択というのも大事な要素というわけだ。ダイハツ・タントの「ラクスマグリップ」助手席シートバックと運転席シートバック

 なお、ラクスマグリップは助手席側Aピラー、助手席側シートバック、運転席シートバックと、取り付け箇所に合わせた3タイプが用意されており、価格は税込み9000円~1万2000円ほど。当然ながら後付け可能なので、こうした純正アクセサリーがあることを把握しておいて、家族の様子を見ながら追加していくといったカーライフを送ることも可能だ。ダイハツ・タント「ラクスマグリップ」助手席シートバック用

画像ギャラリー