クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった
OUTDOOR
share:

ランクルやジムニーよりも「HV&PHV車」! キャンプでは「ワイルドさ」より電気の「便利さ」が圧勝だった

投稿日:

TEXT: 青山尚暉 PHOTO: トヨタ、Auto Messe Web編集部

車内外で家電品が使えるAC100V/1500Wコンセント

 そしてAC100V/1500Wコンセントを備えていれば、車内外で家電品が使えることが大きな実用上でのメリットとして挙げられる。例えば1500W以下のホットプレート、簡易電子レンジ、コーヒーメーカーなど。旧型アウトランダーPHEVから電源の使用し、ホットプレートを使うイメージ

 つまり、煮炊きをクルマの電力によって行えるというわけだ。もちろん東日本大震災の直後、東北の被災地に全国のトヨタディーラーからエスティマHVが集結し、停電した場所に明かりを灯し、電力が不可欠な、被災者を勇気づけるコンサートまで行ったという、今でも語り継がれる逸話があるように、電源車として夜、照明器具などを使うこともOK。現行モデルのトヨタ・エスティマHV

 しかもバッテリーに余裕があれば、エンジンを始動せずに、環境に配慮しつつ、電力をまかなえるのが、HV、PHV(PHEV)なのである。ガソリン車のDC12V電源では、そうはいかない。

 もっと言えば愛犬とドライブ旅行をする際、店内に愛犬同伴可能なランチスポットを探すのはなかなか難しいのだが、車内で家電品が使えるAC100V/1500Wコンセント付きのHV、PHV(PHEV)であれば、クルマの車内が”どこでもカフェ”になりうる。景色のいい駐車スペースに止めれば、誰に気遣うこともない、それこそ眺め絶景のカフェの特等席になったりするのである。AC100V/1500Wコンセントを備えていれば景色の良いところでお茶をすることができる

 もちろん、クルマを止めた状態で電力を使えば、いつかはバッテリーが底をつき、エンジンが始動する(チャージができればエンジンは停止する)。ボクの場合は、そのバッテリーが底をつきそうなタイミングを見計らい、あえて、近くのスーパーマーケットなどに買い出しに出かけ、バッテリーをチャージすることにしている。アウトドアフィールドに帰ってきたときには、バッテリーが十分にチャージされているというわけだ。アウトランダーのバッテリーがなくったイメージ画像

 また、トヨタRAV4 HV、PHV、アウトランダーPHEVといったSUVであれば、最低地上高に余裕があり、なおかつ駆動方式が4WDになるから、アウトドアでの悪路走行にも強く、アクセスは一段と安心・安全だ。

1 2 3

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS