「収納」まで魅せるのが「本物」のキャンパー! 「映えて」まとまるキャンプ道具の収納術 (1/2ページ)

「収納」まで魅せるのが「本物」のキャンパー! 「映えて」まとまるキャンプ道具の収納術

ビジュアルにもこだわって収納するのが今どき

 ここ最近、ますますの盛り上がりをみせるキャンプをはじめとする外遊び。カップルや夫婦、家族でアウトドアを楽しもうとうすると当然、テントや調理用器具などの道具一式を現地までクルマで運ばなくてはならないけど、これらのツールってなにかとかさばりがち。

【関連記事】レイズの人気ブランド「ホムラ」の最新作! SUVの力強さを際立たせる「2X7FA」が発売

なにかとかさばりがちなキャンプ用品画像はこちら

 そこで用意しておきたいのが、遊びに必要なギアをきっちりと収納できるストレージ系アイテムだ。実用性と利便性がバツグンなのはもちろん、最近では見た目にもこだわったモノがたくさんラインアップされている。アウトドアをもっとオシャレに、もっと楽しくこなしたいなら、収納にもこだわるのがオススメだ。最近では見た目にもこだわった収納グッズがラインアップされている画像はこちら

収納以外にも使える【コンテナボックス】

 アウトドアを楽しむには、いろんなギアが必要で。それらを車内にバラつかせることなく収納できるコンテナボックスは、まずはハズせない必須アイテム。コンテナボックスは、アウトドアでまずはハズせないアイテム画像はこちら

 コンテナにはハード系とソフト系があって、ハード系ならば走行中に型崩れもせず、目的地ではちょっとした腰掛けやテーブルとしても使えるのが魅力。例えばゴードンミラー製ならば耐荷重100kgと頑丈で、3段まで積み上げられるスタッキング構造だから、効率良く車載できるというのも便利だ。耐荷重100kgと頑丈なゴードンミラー製コンテナボックス画像はこちら

 注目なのはその見た目。シンプルながらも所有欲をそそるアース系のカラーで、さり気なくタイポグラフィ(文字デザイン)が描かれるなど、オシャレでアウトドア感が満点。これならルーフラックなど車外に固定しておいても、クールなワンポイントとして効果を発揮してくれる。クールなワンポイントとして効果を発揮してくれるコンテナボックス画像はこちら

持ち運びに便利な【ソフトコンテナ】

 ソフト系のコンテナは、文字どおりやわらかな素材でできているため、小さめのキャンプ道具類を収納するのに便利。今どきの収納グッズはクールなワンポイントとしても効果を発揮してくれる画像はこちら

 クルマでのアウトドアに特化したアイテムを展開しているブランド、OGC製を例に挙げると、複数のメッシュポケットがバッグ側面などに装備されているため、散らかりやすい小物類をスマートに収納できるのが魅力だ。複数のメッシュポケットがバッグ側面などに装備されているOGC製ソフトコンテナ画像はこちら

 例えクルマのボディに擦ったり座席の上へラフに置いたとしても、クルマ側が傷付きにくいのも特徴で、新車のように大事にしているクルマでもあまり神経質にならずに使えるのがウレシイ。ナイフなどの長尺ツールを収納しやすい「モールシステム」も採用されているから管理しやすく、使いたい時にはサッとスマートに取り出せるのも便利だ。「収納」まで魅せるのが「本物」のキャンパー! 「映えて」まとまるキャンプ道具の収納術画像はこちら

 持ち運びがしやすいのもソフト系コンテナの特徴で、例えばこのソフトコンテナに必要な小物をまとめて収納しておき、それを大きくて頑丈なハードコンテナにすっぽりと収める、という使い方もアリ。ソフトコンテナをコンテナボックスへそのまま収めることも可画像はこちら

画像ギャラリー