「イエローハット」だけで買える「超お得」なLEDバルブ! 「コスパ」も「ドレスアップ効果」も最強「プレシャス・レイR」の中身

「イエローハット」だけで買える「超お得」なLEDバルブ! 「コスパ」も「ドレスアップ効果」も最強「プレシャス・レイR」の中身

納得の「価格」と「品質」を両立した純正交換タイプのLEDバルブ

 ヘッドライトバルブメーカーの「ベロフジャパン」から、カー用品の量販店「イエローハット」専売のLEDバルブ「プレシャス・レイR」がリリースされた。魅力は何といってもそのお値段。例えば純正ハロゲンのヘッドライトに採用されているH4タイプなら8800円(税抜)という、超お手頃価格を実現している。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

 通販サイトを覗けば、もっと廉価な商品だってもちろんある。が、国内のライト系カスタマイズを長年支えてきた、「ベロフ製」LEDバルブがこの値段で買える、というのがトピックであり衝撃。安いからといって機能の妥協は一切ないからご安心を。例えば一般ユーザーが心配しがちな「LEDって純正球より暗くなるんじゃないの?」という不安も、以下で紹介している「プレシャス・レイR」の実力を一読頂けたら解消されること間違いナシ。

ライトメーカーならではのこだわりと品質を実現

 LEDバルブが純正として採用されることが珍しくなくなった昨今。とはいえ今回紹介するジムニーのように、車種やグレードによってはハロゲンバルブが使われている車種もまだまだある。ただハロゲンの場合、独特の暖黄色の光が夜間走行で暗いと感じたり、そもそもドレスアップ的にどうなのか……と思うこともあるだろう。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

 そんな物足りなさを覚えるユーザーに向けた、ハロゲンバルブ同等サイズを実現したヘッドライト&フォグランプ用の新作LEDバルブが「プレシャス・レイR」だ。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら アルミニウム一体成形による高い冷却効果や、LED素子の寿命を延ばす内蔵の温度センサーなどトピックが多いが、それらの中でも特に注目なのが、LED素子をハロゲンランプのフィラメントと同位置にしたこと。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

 これにより純白さを重視した6000ケルビンの光が、純正ライトに近い配光で照射可能。例えば照射先が見にくいといった、交換したことによる「違和感」は一切ナシ。また気になるバルブの明るさも、ヘッドライト用H4バルブのロービームが2800ルーメン(※H4以外のバルブの明るさは3000ルーメン)、ハイビームは3000ルーメンを記録。これはハロゲンの約2倍の数値ということで、数字の裏付けもバッチリというワケ。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

 実際に光り方をノーマルと比較してみたが「プレシャス・レイR」は純正ハロゲンよりも広範囲を照らしてくれるので見やすい。照射する色に関してもハロゲンの暖黄色(約3600ケルビン)に対して白(6000ケルビン)い光と違いが歴然。

「プレシャス・レイR」は高輝度3連チップを採用する事により、ハロゲンと比べて約2倍の明るさを実現。見た目をガラッと変える筐体にも注目。先端から後端までアルミで作り込まれたLEDバルブは、交換したことがひと目で分かるデザインになっている。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

 さらに1年間の製品保証も付いているので安心して使うことができる。それでいて交換が容易と、まさに至れり尽くせりの内容だけに取り入れない手はない。

ヘッドライトバルブの交換作業は誰にでも簡単にできる

 気になる取り付け方法を紹介。今回紹介しているJB64Wジムニー(H4タイプ)の場合、ボンネットをあけてヘッドライトの裏側に手を回したら(1)防水ゴムを取り外し(2)カプラーを外し純正バルブを抜いて(3)LEDバルブを差し込み、それを元に戻すという、3つのステップで交換することができる。クルマの知識がある/ないを問わずに施工できる手軽さが何とも嬉しい。

 最初に紹介したとおり「プレシャス・レイR」イエローハット専売品。ベロフのオンラインストアでも販売されていないため、バルブ交換を思い立ったらお店へ急ごう。ベロフジャパンのイエローハット専売LEDバルブの紹介画像はこちら

タイプ色温度

価格(税抜)

H4 Hi-Low6000ケルビン8800円
HB3/HB46000ケルビン7800円
H8/H9/H11/H166000ケルビン7800円

【詳しくはこちら】
ベロフジャパン
◆tel.03-3482-5461
https://www.bellof.co.jp

画像ギャラリー