車内でWi-Fiが使い放題になる! 「サイバーナビ」がより完全なるモデルへと進化

車内でWi-Fiが使い放題になる! 「サイバーナビ」がより完全なるモデルへと進化

最高水準のナビ機能とエンタメ性を確立

サイバーナビ2020冬モデル本体
画像はこちら AVIC-CQ911-DC

 カーナビの最高峰として君臨するパイオニア・カロッツェリアのサイバーナビ。2020年冬モデルとして登場した新型は、2018年から「クルマのオンライン化」をテーマに掲げてきたブランドを引っ張るフラッグシップモデルとしての魅力をさらに強化。現代のカーナビに求められる高い性能と機能性を備え、カーナビのヘビーユーザーにも満足度の高いユニットとなっている。

とにかく正確・最適なルート案内

 そもそもナビに求められる機能は大きく分けて2つある。まずは基本機能であるナビゲーション機能だ。ルート案内の質の高さ、自車位置精度の精度の高さなど、求められる項目は多い。その点、正確で最適なルート案内を実施するには欠かせない要素をすべて備えているのがサイバーナビだ。近年ナビの性能が進化し「ナビの性能はどれも似たり寄ったり」と思っているユーザーも多いが、実際にサイバーナビを使ってドライブしてみると、そのナビゲーション性能のレベルを実感するだろう。サイバーナビ2020冬モデルのルート探索画面画像はこちら

 そのわかりやすい例として、同モデルに搭載される「スーパールート探索」がある。ルート探索として利用する情報としてリアルタイム交通情報に加え、過去から蓄積してきたプローブデータを活用して、より最適なルート探索を行なうのが魅力だ。通信を利用してサーバーにアクセスすることで実現させた最新のルート探索は、これを体感しただけでもナビの性能の違いを実感することができるだろう。サイバーナビ2020冬モデル「6ルートリスト」画面画像はこちら

動画も音楽も通信料を気にせず楽しめる

 そしてナビに求められるもうひとつの機能は車内でのエンターテインメント性だ。近年は特に車内のメインユニットしての機能に注目が集まることも多く、多くのユーザーが注目しているナビ選びのポイントだ。

 その点でもサイバーナビは最先端を突き進んでいる。キーワードは、冒頭でも触れた“車内のオンライン化”だ。具体的にはネットワークスティックを同梱するモデルは、「docomo in Car Connect(ドコモ・インカーコネクト)」と呼ばれるドコモのLTEデータ通信に対応。常時接続・使い放題のデータ通信を可能とし、本体をオンライン化。従来のナビでは実現できなかった多彩なエンタメ機能を備えることになったのだ。docomo in Car Connectのイラスト画像はこちら

 そのひとつがナビ画面でのYouTubeの視聴だ。サイバーナビはブラウザ機能を用い、直接ナビ画面でYouTubeにアクセスして動画をストリーミング再生できる環境が整っているのだ。また、便利な機能としては、地図画面などを表示していてもYouTubeを再生できる点だろう。走行中は映像を観られないが、YouTubeをBGMとして利用することもできるのだ。データは使い放題なのでスマホのようにパケットを気にせず好きな動画を連続再生できるのもサイバーナビの魅力だ。サイバーナビ2020冬モデルのYouTube画面画像はこちら

自宅で録画した番組が車内で視聴可

 さらに「レコーダーアクセス」と呼ばれる機能にも注目したい。これはスマホの専用アプリを介して自宅のレコーダーにアクセス。レコーダーに撮り貯めてあるドラマなどを、サイバーナビで再生することができる機能だ。これを用いれば、レコーダー内の見たい動画をいちいちDVDなどにダビングして持ち出す必要がなく、いつでもどこでもレコーダーの中身を出先の車内で視聴できるのだ。サイバーナビ2020冬モデルの「レコーダーアクセス」画面画像はこちら

 ちなみにレコーダー内蔵のチューナーを利用して、テレビ(BS/CS放送)を視聴することも可能。自宅に複数の対応レコーダーがあれば切り替えて使うこともできる。最新モデルではこのレコーダーアクセスで利用できる対応レコーダー(NTTぷららのひかりTV対応チューナー/ひかりTV for docomo対応チューナー)が追加。ほかのカーナビでは味わえないサイバーナビならではのエンタメ機能だ。サイバーナビ画像はこちら

スマホやパソコンも車内で使い放題

 通信利用のオンライン化のもうひとつの魅力は、サイバーナビ本体がWi-Fiスポットとして利用できること。乗員のスマホやタブレット、ゲーム機などをWi-Fi接続して、インターネットにアクセスすることが可能になるのだ。しかも前述したとおり、定額制・容量無制限で使えるのが魅力。後席の乗員が個別にスマホでYouTubeを見たり、オンラインゲームを楽しむなど、さまざまな利用方法が考えられる。

 通信利用の機器を車載して楽しむにも、この機能は使えるだろう。例えばストリーミングメディアプレイヤーをクルマに持ち込んでナビにHDMI接続すれば、ナビ画面で「prime video」などの多彩な映像コンテンツを視聴可能だ。サイバーナビ2020年冬モデルにAmazonの「Fire TV Stick」を繋げたトップ画面画像はこちら

 ナビ本体にはHDMI出力も備わっているので、同社の「フリップダウンモニター」や「プライベートモニター」を装着・接続して、ここで紹介するさまざまなエンタメチャンネルをリヤシートでゆったりと楽しむこともできる。ファミリーで遠出する機会には、間違いなく大活躍してくれるだろう。サイバーナビ2020年冬モデルにフリップダウンモニターとプライベートモニターを接続画像はこちら

地図データも自動で最新版に書き替え

 オンライン化の恩恵は、エンタメ性能のみならずナビ機能にも影響している。代表的な例が地図更新だ。ネットワークスティックを介した地図更新が可能となっていて、ユーザーが意識しなくても常に最新の地図を利用できるという高い信頼性も備えている。サイバーナビ2020年冬モデルの地図更新画面画像はこちら

 これまでは「車内でできることは限られている」と諦めていたことまでが楽しめるようになったサイバーナビ。スマホやタブレット、さらには自宅のレコーダーなど、いつも楽しんでいる動画や音楽ストリーミングなどをそのまま車内で利用できるというのは、ドライバーに限らずクルマに乗る全員に恩恵があること。サイバーナビ2020年冬モデルのメニュー画面(レコーダーアクセス)画像はこちら

 ナビ性能はもちろん、エンタメ性能も魅力満載のサイバーナビ。現在考え得る動画や音楽再生、スマホ利用のアプリ活用など、これ一台あれば何でもできると言っても過言ではないほど、フラッグシップらしい高い先進性を備えた完璧なモデルとなっている。

サイバーナビ・LS (ラージサイズ)メインユニット[9V型]
AVIC-CQ911-DC●オープン(実勢価格¥210,000前後)
9V型HD/TV/DVD/CD/Bluetooth/USB/SD/ チューナー・AV一体型メモリーナビゲーション ネットワークスティックセット

[詳しくはこちら]
パイオニア・カスタマーサポートセンター
(フリーコール)0120-944-111
https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/

画像ギャラリー