アウトドア派の悩み「室内」の「汚クルマ化」を防ぐアイテムとは (1/3ページ)

アウトドア派の悩み「室内」の「汚クルマ化」を防ぐアイテムとは

泥や水から愛車をしっかりガード

 自然を遊びのフィールドとするアウトドアには、砂や土、泥や水といった汚れがどうしてもついてまわるもの。遊んでいるときは気にならないものだけど、帰りのクルマに荷物を積んだり、乗り込んだりするときには、ちょっとためらってしまう人も多いハズだ。アウトドアで遊ぶと気になる砂や土、泥や水といった汚れ画像はこちら

 そんな汚れの問題をスッキリと解決できるのが、ここ数年でバリエーションがどんどん広がってきた車内の防汚グッズ。「汚れや濡れなんて気にせずに、大好きなアウトドアを思いっきり楽しみたい!」という人たちには絶対にオススメだ。ラバー系マットを敷いておけば汚れた靴のまま乗り込める画像はこちら

【防水シートエプロン】

 マリンスポーツや川遊び、釣りにスキー&スノーボードと、アウトドア遊びではギアも衣服も濡れてしまうシチューションが少なくない。そこでまず装備しておきたいのが、防水仕様になっているシートカバーだ。防水仕様になっているシートカバー画像はこちら

 シートカバーは本来、シートをキズや汚れから保護することが狙いとなるアイテムだが、防水タイプの製品なら、水や雪などでシートが濡れることを防いでくれる。ウェットスーツ用の素材が使用されているものもあり、耐久性にも優れるから安心だ。ウェットスーツ用の素材なら水や雪などでシートが濡れることを防いでくれる画像はこちら

 シートの上から被せるだけの「シートエプロン」と呼ばれるようなタイプは、価格も本格的なシートカバーよりもリーズナブルで、もちろんシートのキズ&汚れ防止効果も備わっている。これさえシートにかけておけば、濡れた服のままでクルマに乗り込んでも、シートが濡れたり汚れたりすることはなし。お手入れが簡単なのもウレシイ。「シートエプロン」と呼ばれるようなタイプ価格も本格的なシートカバーよりもリーズナブル画像はこちら

画像ギャラリー