クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • OUTDOOR
  • アウトドア派の悩み「室内」の「汚クルマ化」を防ぐアイテムとは
OUTDOOR
share:

アウトドア派の悩み「室内」の「汚クルマ化」を防ぐアイテムとは

投稿日:

TEXT: 酒井賢次 PHOTO: WAGONIST編集部

【ラバー系ラゲッジマット】

 シートとフロアとを防汚仕様にしたからといって、人気のSUVやミニバンではもうひとつ忘れてはならない部分がある。それがラゲッジを保護するラバー系のラゲッジマットだ。SUVやミニバン用のラバー系ラゲッジマット

 アウトドアで使ったギアや、スノーボードや釣り道具などの遊び用品は、アウトドア後に汚れたり濡れたりしているのが当然。そのまま積んでしまうとラゲッジが泥だらけになってしまうものだが、このラゲッジマットがあれば、汚れたままの荷物をそのまま積み込める。ラゲッジマットを敷いておけば汚れたままの荷物をそのまま積み込める

 素材はラバー系フロアマットと同様なのが一般的で、水や汚れに強く、ゴミをこぼさない3D構造。汚れたら水洗い可能だから、お手入れももちろんラクラクだ。フロアマットと同様、ラバー系の商品は水や汚れに強い

 アウトドアは楽しいけれど疲れもするから、あと片付けはできるだけ簡単に済ませたいもの。ここで紹介した防汚グッズを活用すれば、遊んだその日は何も気にせず帰るだけで、ゆっくり休んだ次の日に、掃除やお手入れを後まわしにすることだってできる。おまけに愛車もキレイなまま。ウレシイことだらけなのだ。

1 2 3
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS