クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • afimp Style up Car Contest 2020 【第296回 長野県 ランナウェイ】
CUSTOM
share:

afimp Style up Car Contest 2020 【第296回 長野県 ランナウェイ】

投稿日:

TEXT: 増田髙志 PHOTO: ウィズ・フォト

【アウディTT】

田中芳昭サン 59歳(長野県上田市)

 以前に乗っていたW210のE500はフルノーマル。カスタマイズは5年前に手に入れたこのTTからどっぷりとハマっているという田中サン。このクルマのテーマは「純正のいいとこ取り」だそうです。エクステリアはできるだけノーマルっぽく仕立てて、インテリアはTT RS風にセットアップ。今後はAPRのダウンパイプを狙っています。長野県のランナウェイで撮影したアウディTT

(E)張り替え (H)張り替え (J)ヴォッセンCV3-R(9:10×20) (K)ピレリPゼロ・ネロ(245/30:285/25) (L)iスウィープ・パッド (M)(N)KW車高調Ver.1 (P)APRステージ1 (Q)TTRSグリル TTSサイドエアグリル シーケンシャルウインカードアミラー 各部ペイント (R)各部張り替え アームレスト追加 TTRSセンターコンソール/インナーハンドル アルミパドルシフト (S)SRPストラットレインフォースメントプレート ブースト計 8Sテール

【BMW320i】

福島鉄也サン(新潟県新潟市)

「完全車検対応のエコカーです」という福島サン。クリーンなテイストのなかにもマットブラックのグリルだったり、サイズアップしたオレンジのブレーキだったり、しっかりとポイントは押さえてあります。今後はホイールのリペアと同時にカラーチェンジも行う予定。どんな仕上げにするかで、悩んでいるところなんです。長野県のランナウェイで撮影したBMW320i

(G)レイヤードサウンド (H)エルディーネ・シートカバー (I)FJクラフト (J)BCフォージドRS45(8.5:10×20) (K)ミシュラン・パイロットスーパースポーツ(225/45:265/30) (L)Mパフォーマンス (M)(N)KWストリートコンフォート (P)BurgerモータースポーツJB4 (Q)マットブラックグリル 各部ペイント (S)CPMロアレインフォースメント ウルトラレーシング・タワーバー 

【アウディA5】

窪田周平サン 27歳(長野県長野市)

 スカッとした面構えですね。くっきりと黒白で分けた効果なのか、独特のキャラクターで、インパクトをアピールです。しかも窪田サン自らがモディファイを行っているところが凄い。溶接を駆使してマフラーも作っています。メカニックだということですが、それにしてもこの仕上がりは、なかなかのセンスですね。長野県のランナウェイで撮影したアウディA5

(A)RS5 (C)カーボンディフューザー (J)ヴォッセンHF-3(10.5×20) (K)ファルケン(295/25) (L)RS7純正ブレンボ6ポット/390φウェーブローター:A7純正1ポット/330φウェーブローター (M)(N)KW車高調Ver.1 (O)ワンオフ (Q)自作ヘッドライト カーボンドアミラー 各部ラッピング

【アウディA5】

小島 強サン 42歳(新潟県新潟市)

 シンプルな中にもアクセントを設けて存在感を漂わせている小島サンのA5。すでにTTでアウディは経験済みということで、そのノウハウで無駄なく肝を押さえたアプローチになっています。エクステリアやインテリアの素性の良さを活かしたところがポイントで、今後はスタピライザーやコンピュータチューニングを狙っています。長野県のランナウェイで撮影したアウディA5

(A)リーガー (C)S5 (I)FJクラフト (J)ヴォッセンCVT(10×19) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ4S(255/35) (N)KW・HAS (O)不明 

【アウディTT RS】

新井 孝サン 65歳(新潟県妙高市)

 TTはこれで2台目だという新井サン。今までは2リッターでしたが半年前に念願のRSモデルをゲット。ルックスと走りのバランスが絶妙で大満足とのことです。特にボディカラーとホイールとのマッチングがお気に入りのポイントだとか。今後はコンピュータチューニングを施して、さらなるパワーアップを行うそうです。長野県のランナウェイで撮影したアウディTTRS

(J)ASシュポルト・フォージドMfd by BCフォージド(9×20) (K)ミシュラン・パイロットスポーツ4S(245/30) (M)(N)ザックスRS1 (S)VAパフォーマンス・ストラットリインフォースメントプレート

【アウディTTロードスター】

福島鉄平サン 47歳(長野県長野市)

 今回も息子の煌平クンと一緒にランナウェイの店長、福島サンの登場です。相変わらずピカピカに磨き込まれていますね。ボディが綺麗だとスタイルアップのレベルがワンランク向上することを心得ています。シンプルメイクを基本に、ロードスターらしく上質さを忘れないメイク。レカロシートも抜かりなく張り替えています。長野県のランナウェイで撮影したアウディTTロードスター

(G)レイヤードサウンド (H)レカロ張り替え (J)ヴォッセンVPS-314T(9×20) (K)コンチネンタル・スポーツコンタクト6(245/30) (L)ブレンボ6ポット/ランナウェイオリジナル380φローター:ランナウェイオリジナル355φビッグローターキット (M)(N)ビルシュタインB16キット (Q)US純正TTSフロントグリル 各部ラッピング

【ポルシェ・ボクスターS】

榊田陽平サン 35歳(福島県郡山市)

 その昔はローバーミニを楽しんでいた榊田サン。その後、国産車を経由して1年前にボクスターにたどり着きました。購入の決め手は走りが楽しめるオープンボディだということ。たしかにその条件にはピッタリ当てはまりますね。ちなみに奥様もクーペ・カブリオレの206CCということでオープン好きなご夫婦です。長野県のランナウェイで撮影したポルシェ・ボクスターS

(A)(B)GT3 (D)不明 (J)スポーテック(8.5:9.5×19) (K)コンチネンタル(235:275/35) (Q)各部ラッピング

【アウディA6オールロード】

山田和也サン 32歳(福島県郡山市)

 以前に乗っていたパサート・セダンはナント自分でボディラッピングを行ったとのこと。それもマットゴールドとナルドグレーの2回というから凄すぎます。所要時間は1回につき1ヶ月。今は体力的にキツいそうです。半年前に手に入れたこのクルマは足元に目が行くように仕立てています。にい菜サンと心緒チャンと。長野県のランナウェイで撮影したアウディA6オールロード

(J)Talea(9.5×21+31) (K)コンチネンタル・コンチマックスコンタクトMC5(245/35) (P)レースチップ (S)オカダプロジェクツ・プラズマダイレクト ロアリンクキット

【メルセデスAMG・E43】

大村邦彦サン(長野県東御市)

 どこから見てもE63なこのクルマ、じつはE43です。たまたま見つけたE63バンパーをきっかけに、どうせならっとばかりにボンネットやフェンダーまでも手を入れたのです。ホイールはメッシュタイプからワイドフェンダーに合わせてヴォッセンに変更。今後はカールソンのリップとカーボンインテークを狙っています。里寿サンと。長野県のランナウェイで撮影したメルセデスAMG E63

(A)(B)E63 (C)E63S (J)ヴォッセンLC2-C2(9.5:11×21) (K)コンチネンタル・スポーツコンタクト6(255/30:295/25) (L)ジガ・パッド (P)レースチップ (Q)E63ボンネット/フェンダー/その他 (S)iiDロアリンクキット

【VWアルテオン】

瀧澤 勇サン 41歳(新潟県長岡市)

 どノーマルのパサート・ワゴンから乗り換えた瀧澤サンは、このクルマからスタイルアップを始めました。「外観はイジりすぎないで、分かるヒトには分かる仕様を目指します」。純正流用メイクを主軸に機能系も抜かりなく手を入れた正統派仕様で、オレンジの差し色はR35・GT-Rの純正色であるアルティメイトシャイニーオレンジだそうです。長野県のランナウェイで撮影したフォルクスワーゲン・アルテオン

(E)LEDカーボンステアリング (G)ビーウィズ (I)FJクラフト (J)ヴォッセンVPS-314T(9.5×21) (K)コンチネンタル・スポーツコンタクト6(255/30) (L)ブレンボ6ポット/380φローター:360φローター (M)(N)KW車高調Ver.3 (P)ニュウスピード (Q)US純正フロントグリル/サイドマーカー GRDドアミラーカバー ランナウェイ・シーケンシャルドアミラーウインカー パックライン・ルーフボックス 各部ペイント (R)マニアックス・フットプレート/パドルエクステンション/ステンレスインテリアパネル (S)034モータースポーツ・ロアドッグボーンマウントインサート/リアサブフレームインサート CPMロアレインフォースメント レーシングラインR600エアインテーク/ターボインレット/ターボデリート

【BMWミニ・クーパーS】

髙橋清貴サン 55歳(山梨県甲斐市)

 ミニユーザーなら絶対真似したくなるテイスト満載。しかも安心のディラーウエルカムメイク。保安基準をクリアした車検対応スタイルアップカー。正統派で攻めてもやった感満載、を再確認させてもらえるスタイルです。パーツがたくさん出ているので誘惑が多いですが、ヤリすぎには充分注意しているそうです。長野県のランナウェイで撮影したBMWミニクーパーS

(A)ガルビノ (B)R’sレーシング (E)JCW (G)オーディオテクニカ (J)RMPレーシングR25(7.5×18+50) (K)ニットーNT555(205/40) (N)H&R (O)カーボンテール (P)NMエンジアリング・パワーモジュール (Q)クロス・グリルセンターモールカバー マックスコーポレーション・リアマッドガード/テールレンズ/ドアハンドル/エアインテークカバー エックスフォルム・フューエルリッド/フューエルキャップ スーパーショートアンテナ 各部ペイント 各部ラッピング (R)カーボンパネル マックスコーポレーション・シフトリングカバー スタディ・カップホルダー (S)ジオミック・補強プレート/エアインテーク/カーボンフレッシュエアガイド 

ランナウェイ

 2018年に店舗を移転し、クルマが展示できるほどショールームが大きくなり、パーツ類も豊富にディスプレイできるようになったランナウェイ。アウディやVWをメインに欧州車全般に対応。最近はポルシェのモディファイが目立つとか。右から福島店長、伊部サン、峯村サン。フタッフ全員に共通することが丁寧で優しさを感じる対応だ。カスタムの気になるポイントもわかりやすく説明してくれる。長野県のランナウェイのスタッフ

長野県長野市広田3
TEL.026・284・5102
営業10:00~19:30
火・第3水曜休
https://runaway.co.jp

1 2 3
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS