キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選 (1/2ページ)

キャンプで圧倒的なインパクト! 目立ち度MAXの「旧車SUV」5選

インパクト抜群の旧車をピックアップ!

 このところキャンプがブームになっている。コロナ禍での密を避けたレジャーとして、お一人様でのキャンプに「ソロキャン」という呼び名がついたり、ユーチューバーでもキャンプ系といったカテゴリーが人気を集めたりしている。

 もちろん、昨今のクロスオーバーSUVムーブメントもキャンプのようなアウトドアレジャーを楽しもうというマインドを生み出している。とはいえ、スタイリッシュでクーペ的なフォルムも増えているSUVは、どこか牧歌的な雰囲気のキャンプ場に馴染まないこともある。そもそもSUVが流行りすぎていて隣のサイトのユーザーと差別化できていないと感じることもあるだろう。

【関連記事】ホットハッチの起源は海外にあらず! 日本のシビックが最初だった

三菱アウトランダーでキャンプをしている様子画像はこちら

 では、どんなクルマでキャンプ場に行けばインパクト抜群なのか。旧車ながら今でもフレッシュなイメージでインパクト抜群のモデル5台を紹介しよう。とはいえ、そのほとんどは50年近く前のモデル。市場で見つけてくることも、しっかり維持することも難易度が高いことは悪しからず、だ。

1)ホンダ・バモス【初代 1970~1973年】

 ホンダの「バモス」というと、少し前まで新車で販売されていた軽1BOXを思い浮かべるかもしれませんが、ここで紹介したいのは初代バモス。軽トラック「TN360」のメカニズム(いま風にいえばアーキテクチャ)を利用したオープンタイプのピックアップで、ミッドシップに空冷2気筒エンジンを搭載するリア駆動の軽自動車だ。1970年に登場したホンダ・バモス画像はこちら

 2人乗り、4人乗りがあったが、いずれにしてもドアはなく、転落防止のパイプがあるだけというのはユーザーを選ぶ。そのため総生産台数も3000台足らずになったという。ホンダコレクションホールの動態テストに展示された初代バモス画像はこちら

2)ダイハツ・フェローバギー【1970年】

 奇しくも、初代バモスと同じ1970年に生まれた、もう一台のレジャー軽自動車がダイハツ・フェローバギーだ。フェローというのは、当時のダイハツ軽自動車の中心的モデルで、このフェローバギーは、2気筒エンジンや4速MTというフェローのメカニズムをそのまま流用したレジャービークル。大阪オートメッセ2017に展示されたダイハツ・フェローバギー画像はこちら

 ユニークなボディはFRP製で、乗車定員は2名という割り切ったデザイン。もともとバカ売れするとは誰も思っていなかったようで、100台限定というパイクカー的な商品企画だった。それゆえに、中古車で手に入れるのは至難の業といえるコレクターズアイテムとなっているが、たしかにこのスタイルでキャンプサイトに乗り付ければ注目を集めること請け合いだ。大阪オートメッセ2017に展示されたダイハツ・フェローバギーのリアビュー画像はこちら

画像ギャラリー