日本にも並のスポーツカーを蹴散らす韋駄天SUVはいた! 圧倒的な戦闘力の「ワークス系」中古SUV4選 (1/2ページ)

日本にも並のスポーツカーを蹴散らす韋駄天SUVはいた! 圧倒的な戦闘力の「ワークス系」中古SUV4選

SUVらしからぬ走りを実現したモデル

 未だ衰えることを知らないSUV人気。確かにハッチバックの使い勝手のよさはそのままに、高いアイポイントからにより得られる見晴らしの良さや、生活感を適度に抑えつつTPO問わず使える見た目など、人気になるのも頷けるポイントが多数ある。

 そんな死角なしに思えるSUVにも弱点はある。それが、高い重心によって一般的な車両に比べて少なからず運動性能が劣ってしまうという点だ。そもそもSUVに高い運動性能を求めている人は少数派かもしれないが、家庭の事情などによってスポーティモデルからSUVに乗り換えたユーザーなどは、やや物足りなさを感じることもあるだろう。

【関連記事】「ポルシェ911 RSR」2台を1週間で完璧レストア! ワークスチームの仕事ぶりがスゴすぎた

2014年に登場したスバル・フォレスターtSはSTIが手掛けたコンプリートカー画像はこちら

 そこで今回は、SUVにも関わらずハンドリングも楽しめてしまうなんとも欲張りなワークスが手掛けたSUVをピックアップしてみたい。

1)日産 ジュークNISMO

 2010年にデビューし、その個性的なエクステリアが話題を呼んだ日産ジューク。そんなジュークに2013年に追加設定されたのが「NISMO」である。1.6リッターターボエンジンを搭載する16GT FOUR系をベースとし、専用のエアロパーツをまとった迫力のエクステリアは一目でそれと分かるもの。2013年に追加設定されたジュークNISMO画像はこちら

 もちろん見た目だけでなく、専用チューニングが施された足まわりに加え、エンジンも専用のチューニングが施された。さらに通常は6速のMTモード付だったCVTミッションをクロスレシオ化された7速CVTへ変更するなど、ワークスの名に恥じない改良が加えられていたのだ。クロスレシオ化された7速CVTを採用したジュークNISMO画像はこちら

 2014年にはさらにチューニングの度合いがアップした「NISMO RS」も登場し、クロスオーバーSUVというよりはむしろホットハッチと呼んだ方がしっくり来るジュークNISMO系は、販売が終了した現在でもコアなファンの多い車種となっている。2014年に追加されたジュークNISMO RSではさらなるチューンアップがされている画像はこちら

2)スバル フォレスター tS

 常時全輪駆動でおなじみのスバルはSUVとの親和性の高いメーカーと言える。クロスオーバーSUVの王道であるXVや、レガシィアウトバックなど、さまざまなSUVモデルが存在しているが、やはりスバルのSUVモデルと言えばフォレスターが知られるところだろう。フォレスター tSはSTIが手掛けた300台限定のコンプリートカー画像はこちら

 残念ながら現行モデルにはワークスが手掛けたモデルは今のところ存在していないが、先代型となる4代目モデルには「tS」と呼ばれるSTIが手掛けたモデルが存在していた。フォレスターtSのリアに装着されたエンブレム画像はこちら

 エンジンこそベース車と同じスペックの2.5リッターターボのままだが、STI独自の味付けがなされたサスペンションをはじめ、「フレキシブルタワーバーフロント」と「フレキシブルサポートリヤ」、さらに当時、新開発となる「フレキシブルドロースティフナーリヤ」といった補強パーツを組み込み、SUVらしからぬ強靭でしなやかな走りを実現したモデルに仕上がっていたのだ。フォレスターtSのエンジンルーム画像はこちら

画像ギャラリー