やっぱり「メーカー直系」は完成度が違う! 腕さえあれば「バカっ速」の本物「ホットハッチ」4選 (1/2ページ)

やっぱり「メーカー直系」は完成度が違う! 腕さえあれば「バカっ速」の本物「ホットハッチ」4選

乗るとわかる激アツなモデル

 一昔前までは各メーカーに1台以上存在していたコンパクトなホットハッチ。これは日常のアシに使われるような、何の変哲もないコンパクトカーにホットなエンジンを搭載し、強化された足まわりなどをプラスした、いわばメーカー謹製のチューニングモデルとも言える存在だ。

 しかし、最近ではスポーツモデル自体の需要が冷え込んでおり、ホットハッチと呼べる車種も少なくなってきてしまっている。とはいえ、完全に絶滅してしまったわけではないので、今回はそんな今もなお輝き続ける現行ホットハッチを紹介しよう。

1)日産 マーチ/ノート NISMO S

 日産車のスポーツコンバージョンと言えば、もはやすっかりおなじみとなったNISMOシリーズであるが、コンパクトカーであるマーチとノートにもそれぞれ設定がなされている。日産マーチNISMOのエクステリア

 その中でも最もホットなモデルが「NISMO S」であり、両車ともベースには存在しないエンジン(マーチは1.5リッター、ノートは1.6リッター)が専用チューニングを施した上で搭載され、組み合わされるミッションも同じくベース車には存在しない3ペダルMTが用意される非常に手の込んだものとなっている。日産マーチNISMOの内装

 また、モーター駆動の走りが楽しめるノートe-POWERにもNISMO Sが用意されており、こちらは20kW/66N・mも出力が向上したモーターが組み合わされていて、1.2トンほどのボディを軽々加速させてくれる新時代のホットハッチに仕上がっているのだ。日産ノートNISMOでサーキットを走る

 価格はマーチNISMO Sは破格とも思える187.66万円、ノートNISMO Sが237.16万円、ノートe-POWER NISMO Sが272.14万円となっている。

2)アバルト 595

 フィアットやアルファロメオのチューニングカーを手掛けていたことでも知られる老舗ブランドであるアバルト。そんなアバルトがフィアット500をベースにしたホットモデルがアバルト595だ。

 基本的には可愛らしいフィアット500のデザインを踏襲しているが、大きく張り出したバンパーや迫力のマフラーサウンドなど、分かる人がみればただ物ではないオーラが漂っていることが分かるだろう。アバルト595シリーズ

 エンジンは1.4リッターながらターボで武装されて145馬力を発生。最もホットな595コンペティツィオーネでは180馬力というハイスペックを誇っているのだ。180馬力を誇るアバルト595コンペティツィオーネ

 また、遊び心溢れるイタリア車らしく、オープンエアモータリングも同時に楽しめる595Cもラインナップするなど、幅広い層にマッチするワイドバリエーションも魅力的。価格も最もスタンダードなものでは300万円~とハイパフォーマンスな輸入車としては比較的手ごろな価格も嬉しいポイントだ。オープンエアを楽しめるアバルト595C

画像ギャラリー