お願いだから日本で売って! 国内導入されなかったニスモのロードカー3台 (1/2ページ)

お願いだから日本で売って! 国内導入されなかったニスモのロードカー3台

海外で人気を誇るピリ辛NISMO車

「NISMO(ニスモ)」といえば、日産の走りの象徴。レースなどモータースポーツシーンで活躍すると同時に、日産車をベースにスポーティなカスタマイズを施した「NISMOロードカー」と呼ぶ市販モデルをリリース。日本では、頂点の「GT-R NISMO」をはじめ、「フェアレディZ NISMO」「リーフ NISMO」「ノート&ノートeパワー NISMO」「マーチ NISMO」そして「ジューク NISMO」などをラインナップして、ディーラーで購入可能である。

 しかし、海外に目を向けると、日本では展開されていない海外専用のNISMOモデルが用意されていることをご存知だろうか。今日はそんな海外向けモデルのなかから、日本では購入できない(できなかった)3台の注目モデルを紹介しよう。

1)セントラNISMO

 北米で販売している「セントラ」というのはかつて「サニー」の現地での名称だったが、モデルチェンジのたびに車格がアップ。いまではかなり上質な仕立てのCセグメントセダンとして販売されている。日本などアジアで「シルフィ」と呼ばれている車両の現地名でもある。日本で売って欲しいNISMO車

 そんなセントラに2017年モデルから設定されていたのが「セントラNISMO」だ。スポーティなエアロキットを身にまとい、エンジンは188馬力を発生する1.6リッターの4気筒ターボ(「ジュークRS」と同じMR16DDT)。日本で売って欲しいNISMO車

 トランスミッションはCVTのほか6速MTも用意。もちろん、エアロキットはしっかりと揚力を低減、締め上げた専用サスペンションを組み合わせるなど走りシャープに仕上げられていた。ちなみに、登場の背景としては北米においてセダンはスポーティなイメージが大切だという現地事情がある。日本で売って欲しいNISMO車

 しかし、その後セントラはフルモデルチェンジして世代交代。現時点では、新型にはNISMOは用意されていない。

2)パトロールNISMO

 世界には、かなり異色のNISMOロードカーが存在する。それが「パトロールNISMO」だ。なんと本格悪路走行向けのヨンクをベースにしたNISMOなのだ。

「パトロール」とは中東で発売されているSUV。かつて日本で「サファリ」として販売されていた車種だが、日本での販売が終了してからも販売が継続され、2010年のフルモデルチェンジで現行型となっている。車体は全長5170mm×全幅1995mmと堂々のフルサイズ。ホイールベースはなんと3mオーバーだ。NISMOへのカスタマイズにあたり、ビルシュタイン製専用サスペンションの装着だけでなくボディ補強も受けている。タイヤは22インチだ。日本で売って欲しいNISMO車

 エンジンは5.6リッターのV8で、ノーマルは400馬力だがNISMOは428馬力までパワーアップ。エクステリアには空力アップのエアロパーツを装着し、ニスモを感じさせるデザインに仕立てられている。

 この車両は、日本でも見ることができる。富士スピードウェイにおいて、レース中のアクシデント発生時に現場へ急行する車両として使われているのだ。日本で売って欲しいNISMO車 ただし、現地ではベース車両がビッグマイナーチェンジを実施したことで「パトロールNISMO」も販売を終了。現在のところ、新型には用意されていない。日本で売って欲しいNISMO車

画像ギャラリー