このご時世に「3ペダル」でぶん回せる喜び! サーキット御用達のMT「軽自動車」スポーツ5選 (1/2ページ)

このご時世に「3ペダル」でぶん回せる喜び! サーキット御用達のMT「軽自動車」スポーツ5選

ランニングコストも抑えられ走る楽しみもある

 維持費やタイヤ代といったランニングコストが安いだけじゃなく、振りまわせる適度なパワーも大きな魅力の軽自動車スポーツ。サーキットを駆け抜ける姿がよく似合う、現時点で新車が購入できるモデルを紹介していこう。

1)スズキ・アルトワークス

 まずは汎用性の高さで人気のアルト。現行型であるHA36Sのデビューは約5年前とそれなりに経つが、トップグレードの『ワークス』にはトランスミッションが5MTと5AGSの2種があり、さらに駆動方式も2WDと4WD両方設定されているなど選択肢は幅広い。

【関連記事】「ラリージャパン2022」開催への布石! 地元パワー結集の「フォーラムエイト セントラルラリー2021」開催

約15年のブランクを経て復活をしたスズキ・アルトワークス画像はこちら

 エンジンは64ps/10.2kgmとノーマルでもパワフルで、車重も5ドアとしては相当に軽い670kg(2WD&5MT)を誇っている。さらにリヤシートは大人でも窮屈さをそれほど感じない広さがあり、燃料もレギュラーなのでガソリン代の面でも有利だ。なおNAモデルにも5MTの設定があり、100万円を軽く下まわる新車価格なのが魅力。アルトに設定がなされている「F」には5MTが用意されている画像はこちら

2)ダイハツ・コペン

 オープンカーで非日常を味わうなら、LA400K型のコペンを勧めたい。スポーティな走りは先代モデルのL880K譲りだけど、それ以上に魅力的なのは3タイプの異なるスタイルを用意している点。筑波サーキットのコース1000を走るダイハツ・コペンセロ画像はこちら

 ローブ/エクスプレイ/セロといずれも個性的で、ローブとセロは互いの外装パーツを交換することで着せ替えが可能だ。エンジンは64ps/9.4kgmと必要にして十分なパワフルさがあり、2019年にはトヨタから第4のモデルとして、OEMの『コペンGRスポーツ』がラインナップされた。(左から)セロ/ローブ/GR/Xプレイの現在ラインナップされているコペン4種画像はこちら

画像ギャラリー