50万円以下で買えるのも最後か! いまなら「奇跡」のような「安値」で手に入る国産FRスポーツ5選 (1/2ページ)

50万円以下で買えるのも最後か! いまなら「奇跡」のような「安値」で手に入る国産FRスポーツ5選

アフターパーツも豊富でチューニングも可能

 フロントタイヤとリヤタイヤの役割が明確に分かれた、クルマの基本レイアウトともいうべきFR車。昔の人気モデルは軒並み価格が高騰しているけど、探せば意外にリーズナブルなモデルも見つかるのだ。比較的タマ数が多くMTの設定があるを車種を厳選してみよう。

1)日産・フェアレディZ Z33

 余裕のある排気量とスポーティが外観、アフターパーツの多さでいえば、Z33型のフェアレディZがイチ押しだろう。選択肢の多くは前期型のVQ35DEエンジンだが、それでも280馬力とパワー的には必要にして十分。筑波サーキットを走るフェアレディZ(Z33型)

 サーキットでのスポーツ走行はモチロン、高速クルージングや街乗りも楽だし、洗練されたデザインは所有欲をも満たしてくれる。走行距離10万kmオーバーを許容できるのであれば、車両価格どころか支払総額で50万円を下まわるケースも。2002年に登場した5代目フェアレディZのリアビュー

2)マツダ・RX-8

 続いてマツダからはRX-8だ。ロータリーエンジンは耐久性が低いともいわれるが、探せば走行距離が5~8万kmの中古車がいくらでも見つかり、車両価格は25万円〜とお買い得感が高い。高回転までストレスなく吹け上がる独特のフィーリングや、現時点で最後のロータリーエンジン搭載モデルなど、RX-8でしか味わえない魅力も少なくない。ロータリーエンジンを最後に搭載したRX-8

画像ギャラリー