モータースポーツ=後輪駆動は思い込み! 100万円以下でウデを磨ける「ヒネリ系」4WD中古車3台 (1/2ページ)

モータースポーツ=後輪駆動は思い込み! 100万円以下でウデを磨ける「ヒネリ系」4WD中古車3台

数こそ減ったが入門モデルは今なお存在

 運転技術を磨きたい! と思ったとき、真っ先に思いつくのが後輪駆動モデルではないだろうか。確かにフロントで操舵、リアで駆動を受け持つ後輪駆動レイアウトは、クルマを自由自在に操るにはもってこいの駆動方式である。

 しかし、最近では目ぼしい後輪駆動レイアウトの新型車がなかなか登場せず、また存在していてもかなり大きな(ボディサイズ、排気量ともに)ものが中心となってしまっており、1990~2000年代のスポーツカーは軒並み高騰というのが現状だ。90年代の国産スポーツカーは相場が高騰している画像はこちら

 もちろんFFレイアウトでもドライビングテクニックを磨くことはできるのだが、今回は後輪にも駆動力が降り分けられる4WD車にスポットを当ててみた。後輪駆動車は100万円オーバーがスタートなところ、100万円以下から選べるものをチョイスしてみたぞ。

1)ダイハツ ブーンX4

 ダイハツの乗用車のボトムラインを担うブーン。軽自動車からのステップアップというよりは、とにかく手ごろな普通車が欲しい層に向けたクルマといった感じで、営業車などで使われている姿を見ることも多いモデルだ。社用車として使われることも多かったダイハツブーンVパッケージ画像はこちら

 それだけに分かりやすいスポーツモデルは存在せず(見た目だけスポーティな「カスタム」は存在したが)、モータースポーツとは無縁のような車種と思われるかもしれない。しかし、ブーンにはまさにモータースポーツのみをターゲットにしたグレードが存在していた。それが「X4」である。2006年に登場したブーンX4画像はこちら このX4は、936ccのターボエンジンを搭載してセンターデフを持つ本格的なフルタイム4WDシステムを持つグレード。中途半端な排気量は、当時のターボ係数をかけても1.6リッター以下のクラスに入れるように逆算したものだったのだ。エンジンは936ccのツインカム4気筒ターボエンジン画像はこちら

 このグレードはモータースポーツに参加するユーザーに向けてひっそり販売されていたため、現在の中古車流通台数はそこまで多くはないが、安いものでは50万円台から見つけることができる。見た目はボンネットに大きなエアダクトが備わる以外はいたって普通のブーンのエアログレードなので、悪目立ちすることもないだろう。筑波サーキットの第1ヘアピンを抜けるX4画像はこちら

画像ギャラリー