圧倒的なワイルドさ! いま注目のクルマの「ザラザラ塗装」カスタムが凄い (1/2ページ)

圧倒的なワイルドさ! いま注目のクルマの「ザラザラ塗装」カスタムが凄い

この記事をまとめると

  • 今、特殊な保護系塗料がブームの兆し
  • 米軍お墨付きの「LINE-X」とは何か?
  • DIY可能な塗料もラインアップする

SUVや四駆系カスタムにピッタリの「保護系塗料」

 近年ヘビーデューティなカスタムスタイルに特殊な塗装が用いられることが多くなっている。例えばボディ下部やフェンダー部分にチッピング塗装と呼ばれる耐衝撃性、弾力性に優れた塗装を施すケースも見られる。塗装することで実用面とカスタム面を両立できることから特にオフロード走行をする4WD車など、タフな環境で用いるクルマには重宝されている。

【関連記事】ヘッドライトの黄ばみを取るには「虫除けスプレー」が効果的だった? ズブの素人でも見違えるほどキレイにする方法とは

近年ヘビーデューティなカスタムスタイルに特殊な塗装が用いられる画像はこちら

米軍お墨付き【LINE-X】

 そんな特殊塗装の決定版的なアイテムが「LINE-X(ラインエックス)」と呼ばれる塗装だ。ザラッとした表面仕上げの、いかにもヘビーデューティな塗装を見たことがあるだろう。その多くがLINE-Xによる塗装のハズ。これは一般的な塗料とは異なり、ボディやパーツ類の補強を兼ねた特殊な効果を備えている。塗装するとその箇所の強度や耐久性を高め、なおかつデザイン的にも個性的な仕上がりが期待できるのが魅力だ。「LINE-X(ラインエックス)」で塗装したハイエースのフロントまわり画像はこちら

 LINE-Xは、耐久性と適度な柔軟性を持つ点にある。クルマだと主にトラックの荷台に使われることが多く、それ以外でもグリルまわりやフェンダーなどにマッチし、キズの防止や防錆、防塩害、耐摩耗、さらには滑り止めまでをこなしてしまうという超多機能な塗装なのだ。またLINE-Xはアメリカ軍・政府が認定している塗装である点にも注目。政府や軍の設備にも採用されていることからもそもクオリティの高さがうかがい知れるだろう。「LINE-X(ラインエックス)」で塗装したグリルやフェンダー単品画像はこちら

 もちろんクルマの世界でもLINE-Xは多くの場所で使用されており、例えばUSトヨタはメーカーオプションとして、トラックのベッドライナー(荷台用保護塗料の総称)用にLINE-Xを採用。擦りキズや海水の進入によるサビの心配が無いので、ピックアップトラックのボディや荷台用の塗料として最適なのだ。「LINE-X(ラインエックス)」で塗装したハイエース真横画像はこちら

 そんなLINE-Xは、柔軟性と吸着性を併せ持った「ポリウレア樹脂」と呼ばれる素材を採用している。この素材は耐衝撃、防錆、防食、耐摩耗性、防水、耐久性、耐薬品性、滑り止め効果を発揮するのが特徴。クルマだけでなく、バルコニーやプール、トンネル、下水処理施設などへも利用されている高機能な塗料なのだ。そして塗膜が経年劣化しにくいというのも特徴で、塗装後20年以上もの耐久性を誇るという。とはいえ、LINE-Xの塗料は樹脂をベースとしており、使用環境によっては多少色褪せる可能性もあるということは気に留めておいてほしい。「LINE-X(ラインエックス)」で塗装したハイエースのフェンダー画像はこちら

 カラーリングも豊富でブラックはもちろん、グリーンやオレンジなど多彩なカラーが用意される。カスタム目的でクルマに施工するにも絶好のセレクトになるだろう。ヘビーな外装コーディネートを実施するには検討してみたい塗装スタイルだ。「LINE-X(ラインエックス)」のカラーバリエーション画像はこちら

 施工価格は、例えばフロントバンパーで約5万円からと一般的な塗装とさほど変わらない。SUVや四駆系車種のオーナーは、アウトドアユースにピッタリな機能性とビジュアルを兼ね備えたこのLINE-Xを覚えておくと良いだろう。「LINE-X(ラインエックス)」の塗装風景画像はこちら

画像ギャラリー