いま86&BRZで人気の「ワイド化」! 注意すべき「フェンダー加工」カスタムに潜むリスク (1/2ページ)

いま86&BRZで人気の「ワイド化」! 注意すべき「フェンダー加工」カスタムに潜むリスク

「ロケバニ」や「バリス」「エイムゲイン」などが人気だが、最近では「アーティシャン」や「ヴェイルサイド」も注目上昇中

 86&BRZのカスタマイズで人気なのが、オーバーフェンダーを装着したワイドボディキットである。ドレスアップを極めれば極めるほど、より低く、よりワイドにという傾向にある。2ドアクーペの86&BRZをワイドボディにすることで、スーパーカーに負けない迫力を生むことができるのだ。

【関連記事】今なお人気沸騰中の「ベンツGクラス」! AMGよりド派手な「下剋上」カスタムとは?

86&BRZのワイドボディ化の方法とそれに伴うリスクの紹介画像はこちら

 写真はXaCAR 86&BRZ magazineで取りあげたユーザーカーだが、いずれもワイドフェンダーを装着した車両で、いずれも個性的なカラー(なかには全塗装)で仕上げられていて、どのクルマも非常に格好いい。86&BRZのワイドボディ化の方法とそれに伴うリスクの紹介画像はこちら

ワイド化する理由は深リムホイールが履けるということ

 ワイド化する理由のひとつとして、深リムホイールが履けるということ。ナローボディの86&BRZではみ出ないように履くことを考えたらリム幅8.5インチぐらいまでのところが、ワイド化することで10インチや10.5インチといったホイールまで履くことができる。ただし、そういった究極のスタイルを目指すためには、それなりに覚悟が必要となる。それが構造変更とフェンダーの加工だ。

【関連記事】今なお人気沸騰中の「ベンツGクラス」! AMGよりド派手な「下剋上」カスタムとは?

86&BRZのワイドボディ化の方法とそれに伴うリスクの紹介画像はこちら

 オーバーフェンダーはノーマルの全幅より20mm以上拡大させる場合、記載変更をしないと車検には通らない。装着についても両面テープなどは基本NGで、ビスやリベットなどでしっかり固定することが必要とされている。

 さらに深リムホイールの装着を考えると、そのままではどうしてもタイヤにフェンダーが干渉してしまう。サスペンションの伸び縮みを計算して、タイヤが当たる部分を加工する必要がある。フェンダー内側のツメを折るぐらいで逃げられれば良いが、タイヤに干渉する部分が大きければ思い切ってフェンダーをカットしなければならない。86&BRZのワイドボディ化の方法とそれに伴うリスクの紹介画像はこちら

 これをした時点で一般的な評価は事故車扱いになるため、クルマの価値はガクッと下がる。ただ、それら犠牲を払ってでも、ワイド&ローが決まった86&BRZというのは非常に格好良く、先のことなど考えずに、突っ走るというのが究極のカスタマイズかもしれない。

画像ギャラリー