古く見えなくとも20年落ちの立派な旧車! 初代コペンの中古の現状と注意点 (1/2ページ)

古く見えなくとも20年落ちの立派な旧車! 初代コペンの中古の現状と注意点

この記事をまとめると

  • L880K型コペンってどんなクルマ?
  • タマ数豊富な初代コペンの中古車事情は
  • 初代と現行モデルはどちらが速いのか?

いろいろな古き良き……が残された軽スポーツを代表する一台

 2代目コペン(LA400系)が発売開始されたのが2014年のこと。つい最近の出来事だと思いきや、2021年の6月で丸7年を迎えようとしている。そう聞くと現行のコペンも「そんなに新しくないんだ……」と、時の流れの早さにビックリさせられる。

【関連記事】時代を先取りし過ぎた「広島のジャガー」とは? 令和時代に再評価したい「平成の隠れた名車」5選

旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 現行の400系すら成熟期に入ろうとしているなか、未だに人気が衰えないどころか、最近のスポーツカーブームにも背中を押され、あらためて注目されている初代L880Kコペン。2022年で何と発売から20年になろうとしている。それでも多くの人に長く愛され続けている、とても“稀”なクルマと言えよう。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 というワケで、ここではそんな初代880コペンにはどんな魅力があるのか、また中古車を買うときの注意点、そして初代コペンカスタムの最新事情などをお届けしていこう。

L880K 初代コペンってどんなクルマ?

 丸いヘッドライトに、前か後ろか分からないほどのラウンディッシュなボディ。とにかく“丸さ”が特徴の初代880コペン。オーナーから「ハチハチマル」と呼ばれいるのは、型式の「L880K」にちなんで。

【関連記事】時代を先取りし過ぎた「広島のジャガー」とは? 令和時代に再評価したい「平成の隠れた名車」5選

旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら ちなみに現行の型式はLA400系となり「ヨンヒャク」と呼んで区別している。※「コペンGR SPORT」にはLA400KとLA400Aの2つの型式があるためLA400系と表現。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 880コペンは2002年~2012年まで10年間販売された、ダイハツの2シーターオープンのスポーツモデル。まずポイントになるのが、屋根が電動でフルオープンになるところ。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら そして曲線で構成されている味のあるボディラインではないだろうか。どこか欧州車のような雰囲気もあるし、古き良き……を感じるレトロっぽさも親近感があってとてもフレンドリー。そんな老若男女問わず、どんなライフスタイルにも合わせられるマルチなルックスが最大の魅力だ。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 それでいて、エンジンはダイハツの名機と呼ばれているJB-DET。 軽自動車では数少ない4気筒ターボである。現行の軽自動車すべてを見ても、4気筒エンジンは存在しない。3気筒に比べて振動が少なくてとにかくスムーズ。エンジン音もまるで普通車のよう。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 同じコペンでも現行の400系はやはり別物。「こんなクルマ、ほかにあるだろうか?」と考えたとき、すぐに思い浮かぶライバル車はない気がする。そんな唯一無二の存在が880コペンということになろう。グレードは大きく分けて2種類。電動オープンの「アクティブトップ」と、手動で屋根を開閉する「ディタッチャブルトップ」がある。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 そんな初代コペンと言えば“アルティメットエディション”が代名詞のようになっているが、そのアクティブトップをベースにした特別仕様車のことである。ビルシュタインのショックアブソーバー、アルカンターラ表皮のレカロシート、BBS製15インチホイール、モモ製ステアリングなどが特別に装備されている。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら アルティメットエディションには「アルティメットエディション」「アルティメットエディション2」「アルティメットエディションS」の3タイプがあり、最終型の「S」は新車価格が200万円を超えるなど、文字通り最上級の贅沢モデルになっている。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

そろそろ初代誕生からもうすぐ20年 意外とボロも多い初代コペンの中古車の現状

 コペンは2012年に生産が終わっているので、新車で買うことは理論上不可能である。初代コペンを手に入れたいなら、自ずと中古車を探すことになる。

 初代コペンの中古車相場はかなりこなれて来た感はある。が、走行距離の少ない高年式のアルティメットエディションは、いまだ新車価格(ベースグレードの新車価格は当時157万円~)と変わらない(か、それ以上の)値段で店頭に並べられていることも多い。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 逆に50万円を切るような安いタマもあるが、やはり「それなり」と考えるべきであろう。時が経てば劣化は進むし、走行距離が15万kmや20万kmなんていうのもザラ。このあたりの価格帯だけを見ると「安くなったなぁ~」と感じなくもないが、ご想像のとおり、買った後の整備・修理やメンテにかかるお金が、サイフからどんどんと飛んでいくのが目に見えてい
旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 それで「あとからこんなにお金がかかるなら(高くても)アルティメットエディションを買っときゃヨカッタ。トホホ」と後悔する人も多い。ちなみに程度の良いアルティメットエディションの相場は150万円~ぐらい。そうなると、コペンの中古車はアルティメットエディションに需要が集中し、価格もまったく落ちないという理論が成り立つ。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 改めて中古車サイトでネット検索をかけてみると、激安の880コペンもたくさんヒットする。年式が古く、走行距離が20万kmを超えているような初代コペンは20万円前後の値段がついているケースも見かける。

 880コペンが誕生したのは2002年。最も古い車体だと既に18年が経つ。喉から手が出るほど880コペンが欲しい人にとって、20万円なら飛びつきたくなるというもの。だがコペンに限ったことではないが「20年・20万km」といえば、あらゆるところのリフレッシュが確実に必要なタイミング。見た目はキレイでも意外に中身はボロだと疑ったほうが賢明かと思う。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

 オープン2シータースポーツというスペシャリティカーが、どこかの企業の営業車みたいにザツに扱われてきたとは思いにくいし、前オーナーもコダワリを持って所有していたはず。しかし、880コペンは屋根が電動で開閉するオープンカーゆえ、普通のクルマには備わっていない機構がついていたり、ボディ剛性も決して高いとは言えない事情がある。しかも、ターボエンジンを搭載するスポーツカー。つまり、フツーのクルマより不具合が出る可能性はどうしても高くなってしまう。旧車の域に入りつつある初代コペン(L880K)の中古車事情とチューニング&カスタマイズ事情の紹介画像はこちら

【初代コペンに出る不具合の代表例】
・電動オープン機構がうまく作動しない
・ルーフやボディからキシミ音が止まらない
・屋根から雨漏りがする
・直進安定性に欠ける
・ターボ系(配管、補機類含む)の不調
・シャシーやフェンダーの錆
・フレーム&サブフレームのクラック
・エアコンが効かない
・バッテリー能力の低下
・パワステが重い
・エンジンマウントやブッシュのヘタリ
・ほか多数

 さらに前オーナーにイジり倒された可能性があり、何をやったか分からない怖さはある。というのが、付いているエンジン系のチューニングパーツが現在生産中止になっていたり、パーツメーカーが既にサポートを打ち切っていることも多い。コペン自体は悪くないが、その後付けパーツが故障している、というアンラッキーも多いと聞く。そんな場合は「ゴッソリと純正(新品)に戻した方が早いし確実」とは専門店からのアドバイス。このあたりは、次の項に続く「レストア」にも通じてくるだろう。

画像ギャラリー