欲しいなら迷ってる暇はなし! 「ルノー カングー」の特別仕様車「パナシェ」限定380台にて販売開始

欲しいなら迷ってる暇はなし! 「ルノー カングー」の特別仕様車「パナシェ」限定380台にて販売開始

6速MTモデルは申込みが上回ると抽選販売!

 遊びの空間をコンセプトにしているカングーに、5色のボディーカラーを用意した限定車「パナシェ」が1月25日に登場した。ルノー・ジャポンのカングーは、ライフスタイルに合わせた使い方ができるフランス製のミニバンで、ゴルフバッグなどのスポーツ用品を積んだり、ペットと一緒に出かけたりと、さまざまなニーズに応えてくれる。

【関連記事】「アメ車丸目」に「先祖帰り顔」! 超弩級のハイエース「顔面整形」カスタム3選

ルノー カングー パナシェ画像はこちら

 広い室内空間と高い機能性から、欧州では ルドスパス(遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきた。日本でもファンが多く、毎年5月に行われるルノー・オーナーの祭典「カングージャンボリー」には約1300台のカングーが集まるほどだ(昨年はオンライン開催)。ルノー カングー パナシェ画像はこちら

 そんなカングーの魅力は、なごみ系のスタイリングに広々とした居住空間。とくに荷室の積載能力に優れているため、所有者のライフスタイルに合わせた使い方ができる機能的で使い勝手に優れたユーティリティーを持っている。ルノー カングー パナシェ画像はこちら

 そんなカングーは使い勝手と共に、カラフルなボディカラーも特徴の一つ。今回の「ルノー カングー パナシェ」は、日本の街にもっとフランスの色彩感覚で彩りを与えたい、という想いを表現すべく、5色のボディカラーで彩り限定車として登場。

 その気になるボディカラーだが、オランジュ コロンジュ(オレンジ)、ルージュ ビフ(レッド)、ジョン アグリュム(イエロー)、グリ アーバン(グレー)、イヴォワール(アイボリー)の5色に、ボディ同色フロントグリルブレード(ジョン アグリュムは除く)、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーが装備される。ブラックのアクセントが入ることで、スタイリッシュさも感じさせてくれる。ルノー カングー パナシェ画像はこちら

 各色には限定台数が設けられており、合計販売台数は380台。価格はEDC車が264万7000円、6MT車は254万6000円となっている(共に税込)。ルノー カングー パナシェ画像はこちら

 なお、イヴォワールカラーの6MTのみ、1月25日(月)から1月31日(日)まで予約の申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は抽選販売。他の色(イヴォワールの6EDC含む)は先着となる。

【詳しくはこちら】
◆ルノー カングー公式HP
https://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/index.html

画像ギャラリー