冬の車中泊は寝られないほど過酷! 安眠を勝ちとる方法6つ (1/2ページ)

冬の車中泊は寝られないほど過酷! 安眠を勝ちとる方法6つ

冬の車内は思ったよりも寒い!

 キャンプやスキーなどを楽しむために冬の車中泊をしたいという人がいると思いますが、クルマの中は思った以上に寒いもの。軽い気持ちで出かけてしまうと、寒くて寝られないどころか、体調を崩しかねません。そこでここでは、暖かく過ごすための冬の車中泊テクニックを紹介。せっかくのウインターレジャーが台無しにならないよう、ぜひとも参考にしてみてください。

【関連記事】「コールマン」に「ヘリーハンセン」! 超有名「アウトドアブランド」とコラボした国産車4選

風通しのいい場所は避ける

 クルマは鉄板とガラスでできた大きな箱。キャンピングカーと違って、普通のクルマには断熱材が使われているわけではないので、車内は外気の影響を受けやすく、想像以上に寒くなります。

【関連記事】「コールマン」に「ヘリーハンセン」! 超有名「アウトドアブランド」とコラボした国産車4選

車中泊でクルマを置く場所画像はこちら

 ですから、風をまともに受ける駐車場などで車中泊をすると、車内温度が下がってしまいます。床下も風が通り抜けて底冷えの影響も大きくなるので、できるだけ風が防げる場所を選ぶようにしましょう。

エンジンのかけっぱなしは禁物

 寒いからとエンジンをかけっぱなしにして暖房を効かせる人がいますが、これは車中泊では禁物です。エンジン音がまわりの人に迷惑をかける、ムダなアイドリングが自然環境の悪化につながるといった面もありますが、停車した状態でエンジンをかけっぱなしにしておくと、一酸化炭素中毒を起こす危険があります。車中泊ではアイドリング禁止画像はこちら

 エンジンは燃料を燃やして稼働するものなので、一酸化炭素を発生する可能性があります。それが風向きなどの影響で車内に入り込むと、窓を閉めきっていた場合は一酸化炭素中毒を起こすことになるのです。冬の車中泊を楽しむためのポイントやグッズ

 とくに積雪時は、マフラーのまわりに雪が積もっていると排気がうまくいかず、逆流して車内に充満してしまうこともあります。一酸化炭素中毒は死亡するリスクも高いので、車中泊では必ずエンジンは止めましょう。

断熱シェードで冷気をシャットアウト

 車内温度を下げないために大切なのは、クルマの防寒対策です。車内でもとくに外気の影響を受けやすいのはウインドウです。1枚の薄いガラスなので、外の冷気が伝わって車内の温度を下げてしまいます。断熱シェード画像はこちら

 そこで使用したいのが、市販の断熱シェードです。厚みのある中綿入りのシェードで、窓に装着するだけで断熱してくれるアイテムです。車種ごとのウインドウ形状に合わせた商品あら隙間もできず、しっかり冷気を遮ってくれます。

 また、車中泊は年に何回もやらないのであまりお金をかけたくないという人は、キャンプ用のアルミ蒸着マット(通称「銀マット」)を活用するといいでしょう。厚さ1cm前後のマットを愛車のウインドウの形状に合わせてカット。それをはめ込むことで、外の冷気を遮断します。

画像ギャラリー