無敵感全開のRAV4にシャコタンハリアー! 驚愕の変身を遂げたカスタムSUV4台 (1/2ページ)

無敵感全開のRAV4にシャコタンハリアー! 驚愕の変身を遂げたカスタムSUV4台

「WAGONIST MEETING SPL」で見つけた注目車両【SUV編】

 ワゴン・ミニバン系のドレスアップ専門誌「WAGONIST(ワゴニスト)」。その人気コーナーのひとつである、愛車撮影会「ワゴニストミーティング」のスペシャルバージョンが昨年(2020年)末に、兵庫県にて開催された。

【関連記事】ユーザーへの良心の塊! キックス&ルークスにインパルが「選べるエアロ」を設定したワケ

WAGONIST MEETING SPLのイベント風景_その1画像はこちら

 コロナ禍のなかとはいえ、イベントには143台(抽選にて決定)のユーザーカーと13社のメーカー&ショップが参加。当日はサスペンションメーカーによる同時走行会や豪華商品争奪ジャンケン大会などが行なわれ、大きな盛り上がりを見せた。今回はその中から、旬なSUVをベースにカスタムしたユーザーカー4台を紹介しよう。WAGONIST MEETING SPLのイベント風景_その2画像はこちら

アゲ系SUVのお手本的スタイル【RAV4】

 オフロードをアグレッシブに駆け抜けるリアルな空気感が伝わってくるSサンのRAV4。カスタムのベースは「アドベンチャー」グレードで、純正サスペンションにリフトアップスペーサーを装着して2.5インチの車高アップを実践している。

【関連記事】ユーザーへの良心の塊! キックス&ルークスにインパルが「選べるエアロ」を設定したワケ

アゲ系SUVのお手本的スタイル【RAV4】_1画像はこちら

 注目は前後のフェンダーで、アドベンチャー純正の上に標準グレードのオーバーフェンダーを重ねた「ダブルフェンダー」仕様。純正部品を賢く利用したナイスなアイディア技だ。その足元に投入したタイヤ&ホイールも、しっかりとタフなイメージを固めている。アゲ系SUVのお手本的スタイル【RAV4】_2画像はこちら

 ランドクルーザー70系純正のTOYOTAエンブレムを流用したフロントグリルもニクい演出だ。そしてサイドオーニングを装備するルーフキャリアには自転車類を積んでトレンド感も完璧と、アゲ系SUVメイクのお手本ともいえる内容に仕上がっている。アゲ系SUVのお手本的スタイル【RAV4】_3画像はこちら

RAV4 Adventure
[ホイール]ソリッドレーシング・タービンZ1(FR16×8.0J)
[タイヤ]オープンカントリーMT(FR245/75)
[リフトアップスペーサー]ラフカントリー2.5インチアップキット
[マフラー]バイク用加工
[Fグリル]トヨタロゴエンブレム
[オーバーフェンダー]アドベンチャー用純正+標準グレード用純正(2枚重ね)
[エクステリア]Fバンパーガード ルーフラック スキッドプレート:チッピング塗装 ワイドトレッドスペーサー
[チューニング]ストラットタワーバー
[オーディオ]カロッツェリア

クロカン×ストリート系をミックス【RAV4】

 ボディメイクはオフロード的で、22インチの大径ホイールを履く足まわりはストリート系と、ジャンルをミックスさせてカスタムを楽しむHサン。クロカン×ストリート系をミックス【RAV4】_1画像はこちら

 フロントはトムス製バンパーガーニッシュと汎用フォグランプステー&フォグランプにバグガード、サイドにはゴツめのTAC製サイドバーステップと、ひとつひとつのパーツを見てもさまざまなブランドやスタイルが掛け合わされているのがオモシロイ。クロカン×ストリート系をミックス【RAV4】_2画像はこちら

 コロナ禍でここ最近は開催されていないものの、オーナーさんは各地のオフ会で交流を楽しんでおり、ドレスアップ熱はまだまだ盛り上がりそうだ。ここから先はオフロード色を強める方向にもっていく予定ということで、ますます独創的な一台になりそうな予感。クロカン×ストリート系をミックス【RAV4】_3画像はこちら

RAV4
[エアロ]フロント/リア:トムス サイド:TAC ウイング:ネクサスジャパン
[ホイール]ジュノウ・ヴォーグMZ-05(FR22×9.0J・インセット32)
[タイヤ]トライアングル(FR265/35)
[エクステリア]アイライン:トクトヨパーツ ドアミラーカバー:シェアスタイル バグガード:ネクサスジャパン Rゲートガーニッシュ:TRD マフラーカッター:トムス
[シートカバー]JKM
[チューニング]スロットルコントローラー:トムス
[オーディオ]アルパイン

画像ギャラリー