「メスティン」「シェラカップ」「スキレット」! キャンプで他を圧倒する「調理道具」10個 (1/3ページ)

「メスティン」「シェラカップ」「スキレット」! キャンプで他を圧倒する「調理道具」10個

これさえあればアウトドアでの調理は完璧

 キャンプ飯に欠かせないアウトドア用の調理器具。特徴としてコンパクトに収納できたり、直火可能で汚れ落ちが良いなどキャンプシーンに適したアイテムですが、最近では自宅でもアウトドア気分が楽しめると注目を浴びています。そこで代表的なアウトドア用調理器具を10個ご紹介しましょう。

【関連記事】予算100万円で買える! アウトドアで使い倒せる「国産&輸入中古SUV」5選

【クッカーセット】

 いつくもの鍋やフライパンなどの調理器具が、マトリョーシカのように1つに収納されたギア。軽量かつコンパクトなため収納にも便利。筆者が使っているスノーピークのフィールドクッカーは、すでに30年程使い込んでいますが今だ一軍選手として活躍中です。

 ほかにもケトルやザル、カトラリー、コップなどが1つに入るものがあったり、これさえあればさまざまな料理が楽しめます。

【関連記事】予算100万円で買える! アウトドアで使い倒せる「国産&輸入中古SUV」5選

いつくもの鍋やフライパンなどの調理器具が、マトリョーシカのように1つに収納された「クッカーセット」画像はこちら

【ホットサンドクッカー】

 食パンに好きな具材を挟んで焼き上げる“ホットサンドイッチ”が簡単に作れるギア。写真のように表面に焼印ができるものや、食パン1枚で三角型に作れるものなど種類が豊富なのも魅力のひとつ。

 2枚のプレートをそれぞれフライパンのように活用したり、玉子焼きや肉まんなど変わり種を楽しめるアイテムとして注目を浴びています。ホットサンドイッチが簡単に作れる「ホットサンドクッカー」画像はこちら

【飯ごう・メスティン】

 蓋で密閉することで圧力がかかり、美味しいご飯が炊き上がるアルミ製のクッカー。メスティンは飯ごうを英語呼びしたものですが、一般的にスウェーデンのトランギア社が製作したものを指します。最近では100円ショップのダイソーから販売されたメスティンも話題となりました。

 深さがあるため内部に食材やカトラリーなどを入れて持ち運ぶことも可能で、ご飯以外にもパスタやシチューなど幅広い料理が楽しめます。蓋で密閉することで圧力がかかり、美味しいご飯が炊き上がる飯ごう・メスティン画像はこちら

画像ギャラリー