SUVもワゴンもミニバンも「着地」! 低さが命の「ドシャコタン」車4台の衝撃ルックス (1/2ページ)

SUVもワゴンもミニバンも「着地」! 低さが命の「ドシャコタン」車4台の衝撃ルックス

「WAGONIST MEETING SPL」で見つけた注目車両

【ステーションワゴン&コンパクトカー編】

 ワゴン・ミニバン系のドレスアップ専門誌「WAGONIST(ワゴニスト)」。その人気コーナーのひとつである、愛車撮影会「ワゴニストミーティング」のスペシャルバージョンが昨年(2020年)末に、兵庫県にて開催された。

【関連記事】最新のクルマのメーター事情とマークの意味を徹底解説

2020年11月に開催された「ワゴニストミーティングSPL」会場風景_その1画像はこちら

 コロナ禍のなかとはいえ、イベントには143台(抽選にて決定)のユーザーカーと13社のメーカー&ショップが参加。当日はサスペンションメーカーによる同時走行会や豪華商品争奪ジャンケン大会などが行なわれ、大きな盛り上がりを見せた。今回はそのなかから、ステーションワゴンやコンパクト系モデルをベースにカスタムしたスゴ技ユーザーカー4台を紹介しよう。2020年11月に開催された「ワゴニストミーティングSPL」会場風景_その2画像はこちら

美しく優雅な極低シルエット【ATENZA WAGON】

 内外装ともにシックで上質感あふれる作り込みを披露するUサンのアテンザワゴン。エアサスで限界までガッツリ下げたロワードフォルムが、カスタムベースとしてのステーションワゴンの魅力を再認識させてくれる一台だ。美しく優雅な極低シルエット【ATENZA WAGON】_フロント画像はこちら

 オーナーが“一番の見せ場”と胸を張る内装は、イルミネーションすべてをあえて電球色で統一。加えてシートカバーやワンオフで張り替えたドアの内張りなどをベージュ系のカラーでまとめ、オトナっぽく落ち着きのある雰囲気に仕上がっている。美しく優雅な極低シルエット【ATENZA WAGON】_インテリア画像はこちら

 ホイールがスポーツ系のエンケイRS05 RRというチョイスも、フィンスポークの優雅な雰囲気がプラスされていて大正解。静かなコダワリが全身に滲み出ている。美しく優雅な極低シルエット【ATENZA WAGON】_ホイール

MAZDA ATENZA WAGON
[ホイール]エンケイRS05 RR(FR18×10.5J・インセット15)
[タイヤ]ハイフライ(FR235/40)
[エアサス]エアフォース
[エクステリア]Fバンパー:純正加工
[シートカバー]クラッツィオ
[インテリア]各部:張り替え
[オーディオ]μディメンション+ブラム

個性的なカラーコーディネートで魅せる【AXELA SPORT】

 マツダ車を象徴する鮮やかなソウルレッドのボディカラーに、アクアブルーのホイールが強烈なインパクトを放つ。その反面、エアロはボディに溶け込むフラップタイプを装着して、派手になりすぎないように留めているところが上手い。個性的なカラーコーディネートで魅せる【AXELA】_フロント画像はこちら

 約5年かけてここまで仕上げたというNサンのアクセラは、オーディオ系イベントにもエントリーするだけあって、内装までしっかり手が加えられている。オーディオは当初フロントスピーカーだけの交換だったが、徐々にエスカレート。現在はラゲッジにアンプ&スピーカーが埋め尽くされた“内向き”と“外向き”の両方で聴かせられる仕様となっている。個性的なカラーコーディネートで魅せる【AXELA】_ラゲッジオーディオ画像はこちら

 今後はここからさらに足まわりのセッティングを煮詰めていく予定。個性的でハイレベルなメイクは、まだまだ加速していきそうだ。個性的なカラーコーディネートで魅せる【AXELA】_足まわり画像はこちら

MAZDA AXELA SPORT
[エアロ]フロント/サイド/リア:マツダスピ−ド
[ホイール]ワークエモーションCRキワミ(F18×9.5J・インセット20:R18×10.5J・インセット23)
[タイヤ]ニットー(F205/40:R225/40)
[車高調]スタティック
[マフラー]ワンオフ
[エクステリア]アイライン:カーショップナガノ ドアミラーガーニッシュ:マツダスピード
[シートカバー]クラッツィオ
[ステアリング]ボルテックス
[インテリア]ドア内張り:張り替え トランクオーディオ
[チューニング]Fストラットタワーバー
[オーディオ]クラリオン

画像ギャラリー