いま車内は「大画面」が当たり前! ネガな要素もある後付け「巨大カーナビ」の選び方 (1/2ページ)

いま車内は「大画面」が当たり前! ネガな要素もある後付け「巨大カーナビ」の選び方

車載AVユニットの大画面化が止まらない

 カーナビやディスプレイオーディオなど、クルマのディスプレイは年々大型化を続けている。代表的なのはプリウスや新型レヴォーグに純正採用されるシステムで、画面サイズは縦型の11.6インチ。さらに大きいサイズだと、テスラには17インチの大画面が採用されるなど、国産&輸入車に限らず車載ディスプレイの大画面化は急速に進んでいるのだ。

【関連記事】新型シビックをスポーティにイメチェン! ヒット確実の「純正アクセサリー」を深掘り

カーナビやディスプレイオーディオなど、クルマのディスプレイは年々大型化を続けている画像はこちら

 そしてアフターパーツではその流れがさらに顕著で、かつてのAVユニットは7インチが主流だったが、いまでは8インチ〜11インチなどの大画面モデルが当然のようにラインアップされている。かつてのAVユニットは7インチが主流だったが、いまでは8インチ〜11インチなどの大画面モデルが当然のようにラインアップ画像はこちら

アフターパーツには大画面モデルが充実

 見やすく迫力があり、ビジュアル的にも先進のイメージを与えられたりと魅力いっぱいの大画面のユニットだが、すべてのが車種で純正採用されているワケではないので、従来サイズのナビやディスプレイ部を大型化したいと思っているユーザーも多いだろう。特に旧型車や純正オプションに設定がない車種の場合は、コクピットの新しさを演出する意味でも大画面ユニットを導入したいと考えているユーザーは多いのではないだろうか。見やすく迫力があり、ビジュアル的にも先進のイメージを与えられたりと魅力いっぱいの大画面のユニット画像はこちら

 もちろんそんなニーズに合わせて後付け可能なアフターパーツとして、大画面のナビ/ディスプレイオーディオが数多く発売されているのでご安心を。多くの車種に9〜11インチ程度(さらには12インチを越える大画面も)の大画面をビルトインすることができるモデルが用意されているので、機能や価格、対応車種などを確認しながら最適なモデルを選ぶと良いだろう。後付け可能なアフターパーツとして、大画面のナビ/ディスプレイオーディオが数多く発売されている画像はこちら

「カーナビ」と「ディスプレイオーディオ」

 大型ディスプレイを搭載するユニットは現在、大きく分けて2つのタイプが存在する。ひとつはカーナビだ。ナビ機能はもちろん、オーディオやDVD再生などをオールインワンしたモデルが多く、クルマのAVセンターユニット的な役目を果たす。ナビ機能はもちろん、オーディオやDVD再生などをオールインワンしたモデルが多い画像はこちら

 もうひとつのユニットがディスプレイオーディオだ。こちらはナビの機能を備えずオーディオ&ビデオの機能を中心としているシンプルユニットだ。スマホを接続して「Android Auto」や「Apple CarPlay」を利用することを前提としているモデルも多く、スマホ連携を前提として必要最小限のシステムを車載するのがディスプレイオーディオの特徴と言えるだろう。スマホを接続して「Android Auto」や「Apple CarPlay」を利用することを前提とするディスプレイオーディオ画像はこちら

画像ギャラリー