自由度が高いぶん複雑! 難解すぎるトヨタのディスプレイオーディオを紐解く (1/2ページ)

自由度が高いぶん複雑! 難解すぎるトヨタのディスプレイオーディオを紐解く

この記事をまとめると

  • トヨタの「ディスプレイオーディオ」はスマホを使って運用
  • ディスプレイオーディオ、なんとCDやDVDの再生機能は装備がない
  • 車種別の特徴を紹介

細分化される画面サイズや標準装備メニュー 「ディスプレイオーディオ“レス”」仕様にも注目

 ディスプレイオーディオは機能が多彩なだけでなく、車種によって設定される画面サイズやサービスが異なるため、複雑に感じてしまう。そこで、車種別にディスプレイオーディオのプランをわかりやすくまとめてみた。

 特に注目してほしいのは、実用面を大きく左右する、画面サイズやCD&DVDデッキがオプション設定されているか、といった点。

 以前の記事で紹介した通り、トヨタの「ディスプレイオーディオ」は、スマートフォンを使って運用することを前提としたシステム。SmartDeviceLink(スマートデバイスリンク)という機能を使い、スマホ内の指定のアプリをBluetoothで接続してディスプレイオーディオ上で使用できたり、Androidスマホなら「Android Auto」が、iPhoneなら「Apple CarPlay」で指定のアプリをディスプレイオーディオ上で使用できる、という理論。

【関連記事】オフロード用アイテムの老舗「ジャオス」からジムニー&ジムニーシエラ用エクステリアパーツが新登場

ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

 そのディスプレイオーディオ、なんとCDやDVDの再生機能は装備されていない。実はこれが大きな問題で、アルファード&ヴェルファイアやヤリスクロスなどにはオプション設定扱いで後付け可能だが、オプション設定すらされていない車種は、たとえアフターパーツ製品であっても装着ができない。小さなお子さんがいるとCD&DVDが重宝する家庭も多いハズだが……。

 ただし、車種によってはディスプレイオーディオが付いていない「レス仕様」が選べる。具体的には、RAV4C-HRは全車レス仕様が選べ、ランドクルーザープラドに至っては、レス仕様が標準。これを選ぶことで従来のような販売店オプションの純正ナビを装着できたり、外品ナビを装着できたりもする(販売店によっては、外品の装着を受け付けていない店舗もあり)。ただしRAV4C-HRの場合、車両とトヨタスマートセンターを通信でつなげる「T-Connectサービス」が受けられなくなることも知っておきたい。

アルファード&ヴェルファイアには後席モニターオプションも設定あり

 2019年12月に一部改良されたアルファード&ヴェルファイアは、エグゼクティブラウンジ以外のグレードがディスプレイオーディオ仕様となる。

【関連記事】オフロード用アイテムの老舗「ジャオス」からジムニー&ジムニーシエラ用エクステリアパーツが新登場

ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら エグゼクティブラウンジには、従来のナビが装着された「T-Connect SDナビゲーションシステム」が標準となり、他グレードでもメーカーオプションで同仕様への変更も可能だが、かなり高額となるためあまり現実的ではない。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

 CD&DVDデッキや後席モニターがオプション設定されるが、ディスプレイオーディオ画面と後席モニターに同映像を流すことは不可能となる。しかも、死角の多いこの車両に求められるパノラミックビューモニターが、ディスプレイオーディオにはオプション設定されていないのも残念なポイントだ。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

グレード&ディスプレイオーディオ画面サイズ
◆エグゼクティブラウンジ以外 → 9インチ 
※エグゼクティブラウンジは10.5インチの従来ナビモデル(T-Connect SDナビゲーションシステム)。他グレードもメーカーオプションでT-Connect SDナビゲーションシステムに変更可能

CD&DVDデッキ
◆ディーラーオプション設定あり(3万7500円+工賃)

後席モニター
◆12.1インチ・ディーラーオプション(9万5000円+工賃)
※ディスプレイオーディオ車のみ選択可能

オプション
◆TV視聴 → +3万円
◆エントリーナビキット → 6万円+工賃
◆T-Connectナビキット → 10万円+工賃 
◆オペレーターサービス → 年払3300円(月払300円)
※T-Connectナビキットのみ
◆オペレーターサービスPlus → 年払5500円(月払500円)
※T-Connectナビキットのみ
◆マイカーサーチPlus → 年払2200円(月払200円) 

新型ハリアーには12.3インチの大画面仕様あり

   2020年6月にモデルチェンジしたハリアーは、上位モデルZ/Zレザーパッケージが12.3インチの大画面仕様となっているのが特徴。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

 それ以外のグレードは8インチとなるが、G/Gレザーパッケージもメーカーオプションで12.3インチへと変更できる。Z/Zレザーパッケージは、T-ConnectナビキットとTV視聴が標準設定されているのも他車種と異なるところだ。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

グレード&ディスプレイオーディオ画面サイズ
◆Z/Zレザーパッケージ → 12.3インチ / 左記以外 → 8インチ
◆G/Gレザーパッケージ・メーカーオプション → 12.3インチに変更可能  

CD&DVDデッキ
設定なし

オプション
◆TV視聴 → +3万円 ※Z/Zレザーパッケージには標準装備
◆エントリーナビキット →  6万円+工賃
◆T-Connectナビキット → 10万円+工賃
※Z/Zレザーパッケージには標準装備
◆オペレーターサービス →年払3300円(月払300円)
※T-Connectナビキットのみ 
◆オペレーターサービスPlus → 年払5500円(月払500円)
※T-Connectナビキットのみ
◆マイカーサーチPlus → 年払2200円(月払200円)
◆リモートスタート → 年払2200円(月払200円)

RAV4は「ディスプレイオーディオレス」の設定あり

 PHVを含むRAV4は、グレードによってディスプレイオーディオの画面サイズが2種類設定される。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

 全グレード、ディスプレイオーディオレスにすることも可能だが、その場合、トラブル時にオペレーターが対応してくれたりする「T-Connectサービス」は受けられない。ディスプレイオーディオのオプションメニューを車種別に紹介画像はこちら

グレード&ディスプレイオーディオ画面サイズ
◆Xグレード → 8インチ 
◆Xグレード以外 → 9インチ  
◆全グレード → ディスプレイオーディオレス選択可能

CD&DVDデッキ
◆設定なし

オプション
◆TV視聴 → +3万円
◆エントリーナビキット → 6万円+工賃
◆T-Connectナビキット → 10万円+工賃 
◆オペレーターサービス → 年払3300円(月払300円)
※T-Connectナビキットのみ
◆オペレーターサービスPlus → 年払5500円(月払500円)
※T-Connectナビキットのみ
◆マイカーサーチPlus → 年払2200円(月払200円)

画像ギャラリー