高級車じゃなくても美しすぎる姿で圧倒! わずか200万円以内で狙える「ピニンファリーナデザイン」の中古車4選 (1/2ページ)

高級車じゃなくても美しすぎる姿で圧倒! わずか200万円以内で狙える「ピニンファリーナデザイン」の中古車4選

手ごろな価格でピニンファリーナデザインを手に入れることができる

 ピニンファリーナといえば、バッティスタ・ファリーナが1930年に創業したイタリアでも最大級のカロッツェリアであり、フェラーリやマセラティなど、高級車のデザインでも知られている。

【関連記事】「2000万円出すと言われてもこれだけは手放さない」! オーナーが語る「AE86に惚れ込んだ理由」

ピニンファリーナのエンブレム画像はこちら

 しかし、実はスーパーカーや超高級車だけでなく、日本車や海外のコンパクトカーのデザインも多数手掛けており、手ごろな価格で手に入れることができるピニンファリーナデザインのクルマも少なくないのだ。そこで今回は、予算200万円以内で入手することができるピニンファリーナが携わったモデルをご紹介しよう。

プジョー 205

 1983年にプジョーの小型ハッチバック車としてリリースされた205は、実用的なハッチバック車という側面のほか、ホットハッチとしてのキャラクターも持ち合わせており、GTIは多くのファンを魅了した。ピニンファリーナがデザインを手掛けたプジョー205画像はこちら

 そんな205のデザインはプジョーの社内デザイン部門とピニンファリーナの合作によって生み出されたものであり、のちに追加されたカブリオレもピニンファリーナの手によるものとなっていた。プジョー205カブリオレもピニンファリーナが手掛けていた画像はこちら

 なお、205からの派生車種として1985年に登場した309に関してはピニンファリーナは関与しておらず、プジョーのイギリスデザインスタジオが担当していた。

ホンダ シティカブリオレ

「トールボーイ」と呼ばれる背の高いシルエットで広い室内空間を実現し、一躍人気車種となった初代シティ。シティのデビューは1981年のことだったが、3年後の84年には国産車としては14年振りのオープンカー(その前はホンダS800)となるシティカブリオレが登場。ホンダ・シティカブリオレも実はピニンファリーナによるデザイン画像はこちら

 このシティカブリオレの幌のデザイン及びカブリオレ化によるボディ構造の設計を担当したのがピニンファリーナだった。ピニンファリーナはデザインのみならず、設計や製造も担うカロッツェリア=工房であるため、シティカブリオレ以外にも多くのオープンカーを手掛けているのである。リア周りはピニンファリーナが手掛けたと言われている画像はこちら

 その証拠にシティカブリオレのBピラー根本にはピニンファリーナのロゴエンブレムが装着されているというワケなのだ。センターピラーにはピニンファリーナのエンブレムがある画像はこちら

画像ギャラリー