クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CLASSIC
  • 高級車じゃなくても美しすぎる姿で圧倒! わずか200万円以内で狙える「ピニンファリーナデザイン」の中古車4選
CLASSIC
share:

高級車じゃなくても美しすぎる姿で圧倒! わずか200万円以内で狙える「ピニンファリーナデザイン」の中古車4選

投稿日:

TEXT: 小鮒康一 PHOTO: PSA、Auto Messe Web編集部

日産 ブルーバード(2代目)

 日産の小型セダンの代表であったブルーバード。一時期はラリーなどのモータースポーツにも参戦しており、スポーツセダンといった側面を持ち合わせていたが、そのイメージのスタートも言えるのが1963年に登場した2代目ブルーバードと言える。そんな2代目モデルもピニンファリーナの作品のひとつだ。銭ブルの愛称を持つ、2代目ブルーバードもピニンファリーナデザイン

 1963年に登場した2代目ブルーバードは、65年にはSSS=スーパースポーツセダンを追加。また、日産車初のフルモノコックボディを採用するなど、メカニズム的には先進的なものを多く採用していたのだが、ピニンファリーナの欧州車的なリア下がりのデザインが日本では受けず、ライバル関係にあったコロナの後塵を拝する結果となってしまったのだ。2代目ブルーバードはピニンファリーナデザイン

 結局66年のマイナーチェンジでリア周りのデザインを一新することになるのだが、デザインが劣っていたわけではなく、あくまで当時の日本人の好みに合わなかっただけ。今見ると欧州車風のリアビューは美しさすら感じるほどである。

アルファロメオ GTV

 アルファロメオの伝統的なネーミングであるGTVを1987年の消滅から8年ぶりに復活させたのが、1995年に登場したアルファロメオGTVだ。先代GTVとは異なり前輪駆動になってはしまったが、スポーツクーペらしい優雅な佇まいはさすがピニンファリーナといったところ。これぞピニンファリーナとも言えるアルファロメオ GTV

 特徴的な丸目4灯のプロジェクターヘッドランプや、フロント側に傾斜した深い掘り込みなど実用車とは異なる斬新なデザインは、今見ても古臭さを覚えることはないだろう。これぞピニンファリーナとも言えるアルファロメオ GTVのサイドライン

 2003年のマイナーチェンジではアルファロメオのアイデンティティーでもあるグリルが大型化され、それに伴ってフロントナンバープレートがオフセットされたが、これもピニンファリーナのリデザインによるもの。マイナーチェンジが施されたアルファロメオ GTV

 マイナーチェンジで大きく印象を変えてしまうモデルも少なくないなか、イメージを損なわずモダナイズする手法もまたさすがである。

1 2
すべて表示

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS