「ネオクラ系メッシュ」に「ノームコア」! ワークの2021年新作ホイール「VS XV」「Lanvec LS10&LM7」の気になる中身

「ネオクラ系メッシュ」に「ノームコア」! ワークの2021年新作ホイール「VS XV」「Lanvec LS10&LM7」の気になる中身

最新技術を駆使したディスクとリムが織りなす絶妙な調律

 あらゆるジャンルの自動車カスタマイズユーザーから絶大な人気を誇るホイールメーカーのワークから、2021年最新モデル3本の情報が編集部に届いた。1本は往年の人気ブランド「VS」シリーズより放たれた、15交点メッシュが美しい「XV」。もう2本は「究極の普通」をブランドコンセプトに掲げる「ランベック」シリーズの「LS10」と「LM7」だ。それぞれワークらしい緻密な計算により作られたディスクデザインが魅力的。ということで今回はその3本にじっくり迫っていくことにする。

【VS XV】美麗なラウンドを描くクラシカルモダンメッシュ

 今なお多くのファンを持つワークのVSシリーズ。そんなVSシリーズから2021年のワークがVSブランドにニューモデルが登場。今回紹介するXV(エックスブイ)である。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 アルミホイール史的にいうと、メッシュパターンは世代を重ねるごとに交点の数を減らしてきた。その方がスポーティで機能的だからだ。が、1980年代のクラシックなスタイルアップが注目されるいま、多交点メッシュへの注目が集まり、それに呼応するようにホイールメーカーのリバイバルが増えつつある。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 今回のXVも全体的には15交点メッシュを採用したクラシカルな印象ながら、モダンなディテールアップがアピールポイント。多交点を綺麗に整理して見せるデザインの巧みさは健在で、ディスクセンター部のコンケーブとリムへとしなるように落とし込まれるスポークラインにより、抜群の立体感を演出。このあたりのデザインの巧みさは、いくつもの多交点デザインを世に送り出してきた老舗ホイールメーカーならではのものだ。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 ラウンドデザインディスクによる、センター部の立体感やリムへのスポークの落とし込み。クラシックなメッシュパターンを見事に現代風にアレンジ。センターキャップはブラックのほかレッドベースも用意。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 天面の細さはワークの数あるホイールの中でも1位、2位を争うほど軽快感のあるスポーク。センターディスクの立体感はかつての多交点メッシュにはなかったモダンな特徴。光の入り具合でホイールの表情がいかようにも変化し、存分に立体感が味わえる。

 気になるカラーは「マットダークガンメタ」「ブリリアントシルバーブラック」「シルキーリッチシルバー」の3色を設定。中でも今回一番のおすすめは、シルキーリッチシルバーだという。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

「発色の良いシルバーを採用していますが、メッキほどギラギラ感はないので、淡い系のボディと合わせたら、自然で大人感のある足元を演出できます。ピアスボルトをオプションのゴールドにするとより映えるので、さらなる差別化にも最適です。一方、スポーティなスタイルにはマットダークガンメタがおすすめ。赤みを帯びたガンメタなので、スポーティな雰囲気をまとえます」とはワークの広報担当。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 車輌の製作を手掛けた「ドゥ」の代表に、XVついて聞いてみた。「最近はスポーティなホイールが多かったのですが、ここに来て遂に王道が登場したなと。どんな国産セダンにもハマるホイールです。最近のクルマはもちろん、たとえば13クラウンや31シーマのような型式の古いクルマにも似合いますね」。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 さて、3ピースのメッシュとなれば、低めの車高にフェンダーツライチ(ツラウチ)は欠かせない、今も昔も変わらないスタイルアップの醍醐味。先のクラウンしかり、紹介するBMW・M4も、車高調でほどよく下げたところでツライチになるよう、タイヤとホイールがセットされた大人仕様。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 ちなみに装着ホイールはシンプルに深さを見せる、伝統のリバースリムだが、21インチと20インチ、そして19インチモデルには段付きのステップリムが用意されるから、もっとコンサバなセダンやクーペのオーナーなら、ソチラを選んでさらなるクラシックテイストを楽しむのもいいだろう。

【VS XV】※価格は税込み
◆18インチ(7.0J~14.5J):7万9200円~9万7900円
◆19インチ(7.5J~15.5J):9万6250円~12万4850円
◆20インチ(7.5J~15.0J):10万7250円~13万4200円
◆21インチ(8.0J~12.0J):12万5400円~14万800円

◆HOLE&P.C.D.:5H-100(18、19インチ)、5H-114.3
◆COLOR:マットダークガンメタ、ブリリアントシルバーブラック、シルキーリッチシルバー

「VS XV」の詳細カットをチェックしたい人はコチラをクリック!

【Lanvec LS10】「ノームコア」を深化させた2×5スポーク

“ノーマル”と”ハードコア”を組み合わせた「ノームコア(究極の普通)」というファッション界の造語をホイール界に持ち込み、ランベックシリーズでその世界観を表現しているワーク。新作となるLS10は離れたところからでは変哲のない10本スポークに映るが、一歩、また一歩と近づいて見ることで真価が伝わるものとなっている。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 例えば独特の形状をしたスポーク、スポーク先端のアンダーカット、ピアスボルト間のへこみ、スクエア形状のナットホールなどが特徴として挙げられるのだが、各所のデザインはいずれも明らかに異彩。しかしひとつのホイールとしての調和を重視して高バランスを成立。見る距離によって感じ方が変わる一本へと昇華した。 ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 そのスポークもリムに向かうほど細くなる意匠。スポーク周囲の光を受け、様々な表情を見せる。またスポーク先端はアンダーカット処理。ピアスボルト間のへこみは立体感の向上にひと役買う。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

【Lanvec LS10】※価格は税込み
◆18インチ(7.0J~12.5J):6万500円~7万3700円
◆19インチ(7.5J~12.5J):7万2600円~8万4700円
◆20インチ(8.0J~12.5J):8万4700円~9万5700円
◆21インチ(8.5J~12.5J):10万3400円~12万2100円

◆HOLE&P.C.D.:5H-100(18,19インチ)、5H-114.3、5H-120(20FRと21SRのみ)
◆COLOR:ブラックカットクリア、GRシルバーカットクリア、グリミットブラック

「ランベックLS10」の詳細カットをチェックした人はコチラをクリック!

【Lanvec LM7】原点回帰を突き詰めたシンプルメッシュ

 このLM7も「究極の普通」がコンセプト。周囲へ自然になじみ、調和するスタンダードモダンがその信条で、最新作となるこのLM7は、そんなノームコアを徹底的に追求した、いわばブランドの原点回帰的なモデルに仕上げられている。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 意匠は飽きのこない7交点メッシュ。スポーク先端を絞り込まず、広げたままでフィニッシュしたオープンメッシュスタイルが特徴で、その意匠はシンプルゆえに伸びやかさが際立ち、実に好バランスで美しい。フェイスも急角度なコンケーブではなく、ゆるやかでなめらかなラウンドディスク形状を採用。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 なおセンターオーナメントは、このLM7と先に紹介したLS10から新デザインが採用された。ノームコア感を加速させるシンプルな意匠で、落ち着いたオトナの雰囲気が大。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 スポーク先端にはエッジが効いたアンダーカットが採用され、軽快感を与えつつムダな肉の排除にも成功。ファスナー部にはピアスとデザインが施されるなど、ノームコアではあるが、さり気ない個性も散りばめられている。この上質感を生かし切るには、新色のGRシルバーカットクリアが狙い目。暗めなグレーがベースとなるから、天面切削が映える。ワークの2021年新作モデル「VS-XV」の紹介

 サイズは18〜21インチが設定され、ミニバンだけでなくセダンやSUVにも自然と溶け込める大人なデザイン。インセットは2ピースホイールならではの強みでもあるオーダー式を採用。ミリ単位でのセッティングが可能だ。

「ランベックLM7」の詳細カットをチェックしたい人はコチラをクリック!

【Lanvec LM7】※価格は税抜き
◆18インチ(7.0J~12.5J):5万5000円~6万7000円
◆19インチ(7.5J~12.5J):6万6000円~7万7000円
◆20インチ(8.0J~12.5J):7万7000円~8万7000円
◆21インチ(8.5J~12.5J):9万4000円~11万1000円

◆HOLE&P.C.D.:5H-100(18,19インチ)、5H-114.3、5H-120(20FRと21SRのみ)
◆COLOR:ブラックカットクリア、GRシルバーカットクリア、グリミットブラック

【詳しくはこちら】
ワーク
◆東日本コールセンター tel. 048-688-7555
◆西日本コールセンター tel. 06-6746-2859
◆中日本コールセンター tel. 052-777-4512
https://www.work-wheels.co.jp

画像ギャラリー