新型ハリアーは「ちょい足し」スタイルが熱い! 「やりすぎ」ないけど「クールすぎる」5台 (1/2ページ)

新型ハリアーは「ちょい足し」スタイルが熱い! 「やりすぎ」ないけど「クールすぎる」5台

バカ売れ状態の新型ハリアー! 売れてるだけに「人との違いを出したい」人必見

 2020年6月17日にデビューした新型ハリアー。登場1ヶ月間で約4万5000台を受注するなど、順調にセールス伸ばしている模様。よってゆくゆくは街中でその姿を多く目にすることになりそうだが、となると人と同じで物足りない、と感じる人も出てくることだろう。

 そこで注目したいのが各アフターパーツメーカーのエアロパーツ。ハリアー自体が登場したばかりという事もあり、純正バンパーを生かした「ハーフタイプ」が多め。そこで今回、その中から選りすぐりのデモカー5台を紹介していく。

【モデリスタ・グランブレイズスタイル】 

 まずはトヨタワークスメーカーの「モデリスタ」から。さっそく新型ハリアー用として2種のエアロをプロデュースしてきた。その1つがこの「グランブレイズスタイル」。ドアノブやグリルまわりにメッキが使われている新型ハリアーだが、「グランブレイズスタイル」ではさらなる大胆なメッキ使いにより、プレミアム感を強調する狙い。

【関連記事】アウトドアの相棒「ハンターカブ」の凸凹タイヤを交換!「自転車用のスピードメーター」をあえて取り付けた理由とは?

新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら  メッキの使いすぎはともすると「クドさ」が出てしまうのだが、エッジの効の効かせたデザインワークと相まって、ハリアー全体のスタイリングとも見事にマッチした印象。このメッキアレンジはフロントだけにとどまらず、サイドからリアにまでバランス良く、かつ大胆に奢ることで、クルマ全体にプレミアム感をプラスする。新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら

【モデリスタ・アバンエモーショナルスタイル】

 もう1つのブランドは「アバンエモーショナルスタイル」。鋭いプレスラインを多用したダイナミックなデザインが特徴の、ワイドフォルムへと導くエアロプログラムだ。エアロ各所をグレーメタリックで色分けすることにより、ベースのボディ色とも相まってメリハリ感を出す事に成功。フロントスポイラーには面発光するLEDが内蔵され、先駆的なデザインイメージをアピール。新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら リアスカートは純正バンパーの意匠に合わせた台形デザインを採用。その上でマフラーを隠すことにより先進的&エコなイメージを放つ。なお、マフラーを下向きに排気させる「エクステンション」が付属されるので、機能面を損なう事は一切ナシ。バックドアスポイラーはウインドウに接する面を黒にすることで、一体感とメリハリを出す意匠。新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら

【アルパインスタイル・フラップシリーズ】

 高品質なコンプリートカー販売を得意とする「アルパインスタイル」は新型ハリアーのクラウチングスタイルを強めるパーツをボディのボトム部分にインストール。新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら フロント、サイド、リアのボトムにフラップ型のエアロをドッキング。フロント&リアの両サイドは小さな翼のような「カナード」と呼ばれる空力を意識した形状を取り入れる。走りを意識してハンドルを握り締めたいなら、外観にはこんなこだわりがほしいところ。新型ハリアーのカスタマイズカー5台を紹介画像はこちら

画像ギャラリー