「DQN」呼ばわりされたくない人必見! アルファード&ヴェルファイアのやってはイケないカスタムとは (1/3ページ)

「DQN」呼ばわりされたくない人必見! アルファード&ヴェルファイアのやってはイケないカスタムとは

30系アルファードをセンス良くイジッていた、ベテランオーナーがアドバイス

 今や国産大型高級ミニバンの地位を不動のものとした、トヨタ・アルファード&ヴェルファイア。特に3代目(ヴェルファイアは2代目)は、高級感を全面に押し出したパッケージングが好評。外観は大柄なボディ形状を採用し、メッキパーツをふんだんに使用。

 また大型フロントグリルの採用により、ゴージャスかつ押し出し感あふれる表情も特徴。まさに威風堂々とした佇まいという印象である。アルファード&ヴェルファイアをカスタムする人が周りから白い目で見られないようにするためのコツ

 カスタマイズのベースとしても人気の車種で、アフターメーカーが開発した専用パーツが数多く出回っている。しかしノーマルでも威圧感漂うスタイリングだけに、イジり方によっては周囲を威嚇するかのようなオラオラ感が出てしまい、それを街中で見たクルマに興味がない一般市民は『ドン引き』してしまう可能性もある。

 しかもオーナー自身は必ずしもそうではないのに、チャラチャラした『マイルドヤンキー』と思われてしまう可能性が高い。乗っているクルマで人を判断されてしまうのは心外だが、周囲の目は意外と厳しいのが現実。

 しかしセンス良く手を加えればカッコ良く決まる素材。世間からマイルドヤンキーに見られないようにするには、どの辺りに気を付けてイジッたら良いのだろうか。アルファード&ヴェルファイアをカスタムする人が周りから白い目で見られないようにするためのコツ そこでクルマのドレスアップ歴が非常に長く、最近まで30系アルファードをカスタマイズしていたというYさんに、アル&ヴェルをイジる上での注意点を伺った。これからアル&ヴェルを買ってイジろうと考えている人は必見だ。アルファード&ヴェルファイアをカスタムする人が周りから白い目で見られないようにするためのコツ

 

画像ギャラリー