玄人好みの 隠れた名車「STIスポーツ♯」! 「シャープ」に込められた作り手の想い (1/2ページ)

玄人好みの 隠れた名車「STIスポーツ♯」! 「シャープ」に込められた作り手の想い

特別仕様「STIスポーツ#」クルマなのに音楽記号シャープが付いているワケ 

 スバル車のなかでも、モータースポーツやコンプリートカー、スポーツパーツ開発などを手掛けるSTIの手により、走りと上質感を兼ね備えたモデルとして登場したのがSTI Sportシリーズ。2016年にレヴォーグに設定されたのち、BRZ、WRX S4、インプレッサSPORTと設定車種を拡大してきた。車種に合わせた専用の味付けとしつつも、気持ちの良い走りとプレミアム感の演出という部分は共通したコンセプトだ。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

BRZ スポーツ画像はこちら

 これまでSTIが手掛けてきたコンプリートカーとSTI Sportのもっとも大きな違いは、発売期間や販売台数を限定しているコンプリートカーに対し、STI Sportはカタログモデルとなるため、いつでも購入できるという部分だ。コンプリートカーとは異なり、市販仕様では耐久性やコストといった厳しい要件が求められることもあり、通常のコンプリートカーと比べると、専用装備などは控えめな印象だ。

 そんなSTI Sportシリーズのなかでも、昨年登場したWRX S4に「#(シャープ)」という記号のついたモデルが存在した。一体これは何なのか?

「♯」に込められたSTIの想いとは何か

 WRX S4 Sport#と名付けられたモデルは、これまでのSTI Sportシリーズとは別に、500台限定で生産されたSTIコンプリートカー。発売開始後あっという間に完売となるほど人気のモデルであった。

【関連記事】これが最後のGT-Rか? 8月発表「2022年モデル」の詳細は? 価格も大胆予想!

WRX S4 Sport#画像はこちら

 #という記号がつけられた理由は、コンセプトはSTI Sportの持つ「世界一気持ちいい走りを追求するSTIが手掛ける、しなやかな走りと特別な内外装デザイン。クルマとのすべての瞬間に、特別な悦び」を守りつつ、STIのさらなるテクノロジーを投入し、より研ぎ澄ました「STI Sportの完成形」を目指したという意味を込め、音楽記号で半音を上げる意味の「#」が付けられたそうだ。

 ちなみに、多くのスバル車に装備されるSIドライブと呼ばれるエンジンの出力特性を切り替える機能のなかに、「I(インテリジェント)」「S「スポーツ」「S#(スポーツシャープ)」の3モードを有するモデルがあり、スポーツモードを超えるアグレッシブな走りができるモードに#が使われており、スバルオーナーには#という記号は比較的親しみやすい。SIドライブにも#が見られる画像はこちら

玄人好みのチューニングでファンが多い♯

 では、一体、通常のSTI Sportとは何が異なるのか? 具体的には、エクステリアに米国専用のコンプリートカーS209に採用した「セラミック・ホワイト」と呼ばれる際立つホワイトのボディカラーを専用設定したほか、フロントグリルをダークグレーシリカ塗装とし、STI製大型フロントアンダースポイラーや18インチアルミホイールはグロスブラック塗装とするなど、控えめながら一目で“STI Sportと違う!”と感じさせる。セラミック・ホワイトのS4スポーツ#画像はこちら

 ほかにもS207、S208といったSTIコンプリートカーの最高峰モデルに装備されたリアサイドエアアウトレットを装備。見た目だけでなく空力にも貢献するスペシャルアイテムだ。リアサイドエアアウトレットを装備画像はこちら

 インテリアにはSTI Sportの統一イメージとするボルドーとレッドステッチの組み合わせをあえて使わず、ブラックのウルトラスエードをシートやトリムなど随所に配置しながら、ステッチ色やシートベルトを専用のシルバーとしたことで、シンプルでありながら上質でスポーティな室内空間を演出している。もちろんSTIコンプリートカーではお馴染みのウルトラスエードを使用したステアリングも装備している。ブラック基調のインテリア画像はこちら

画像ギャラリー