10セット限定! プロが監修した「カングー アウトドアキットBOX」が登場 (2/2ページ)

グリルから焚き火台まで本格的に楽しめる

・ハイマウント製「キャンピングフィールドシート」

 レジャーシート、急な防寒着、雨よけの簡易タープなど幅広い使用用途に対応するもの。オリジナルロゴ入りで、荷台の汚れ防止にも使える1枚だ。

【関連記事】日産新型「エクストレイル」三菱「アウトランダー」が大本命!! アウトドアで最強の電動SUVとは?

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・UCO製「フラットパックグリルS」

 コンパクトにたき火を楽しめる焚き火台。付属の網を使えばプチBBQグリルとしても楽しめるし、開くだけの簡単設営タイプなので、アウトドア初心者でも問題なく使えるはずだ。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・ベアボーンズ製「クラシックワークグローブ」

 安全にアウトドアを楽しむための必需品。耐久性に優れたフルグレインレザーを使用しており、作業時の汚れやケガ防止に役立つ。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・SOTO製「レギュレータストーブ」

 外気に影響されにくく、屋外でお湯を沸かしたり、調理したりと高出力で便利なカセット缶専用のシングルバーナー。森の中で飲む1杯のコーヒーは格別だろう。専用のカセットガス缶を使用するのだが、車内での保管は厳禁なので注意。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・SOTO製「アルミクッカーセットM」

 煮る、痛める、温めるが可能であり、そのまま食器としても使えるアルミクッカー。使用するごとに味が出て、自分仕様になっていくのも楽しみなアイテムだ。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・ハイマウント製「ホットサンドメーカーダブル」

 アウトドアの定番であるホットサンドメーカー。何を挟んでも美味しくなる魔法のクッカーとも言われており、アレンジ次第ではフライパンとしても使える。アウトドア飯には欠かせない品。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・ベルモント製「アウトドアコーヒーミル」

 取っ手が取り外せて簡単に収納できるコーヒーミル。屋外で挽き立ての香りを楽しむ時間は何物にも代えられない至福。オリジナルロゴ入り。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

・ナチュラルスピリット製「バカンスチェア」2脚

 背もたれの有無2通りで吸われる折りたたみ式チェア。子供でも持ち運べるコンパクトさもメリットのひとつ。オリジナルのロゴが入る。

ルノーの「カングーアウトドアキットBOX」の魅力について紹介画像はこちら

 これら11点すべてが前述のコンテナに納まった状態で4万9000円(税込)という。アウトドア初心者がまず揃えておきたいアイテムが詰まっているだけに、競争率は高そうだが、かなり魅力的なセットと言えるだろう。

【詳しくはコチラ】

ルノー・ジャポン https://www.renault.jp

カングー アウトドアキットBOX専用ウェブサイト

https://www.renault.jp/information/news/2104kanoutdoorkit.html

画像ギャラリー