Oh!My「農道」レーサー! 「ケーニッヒフェンダー」を付けちゃった「スーパーキャリイ」戦慄の中身 (2/2ページ)

レカロやアルカンターラで高級感も演出

 旧車風の出で立ちながら仕上がりのキレイさ、クオリティの高さもこのスーパーキャリイの魅力。それは外装のみならず室内も同様で、軽トラらしからぬ高級感も醸し出している。

【関連記事】913万円の「コンプリートエンジン」も受注絶えず! いまチューニングメーカーで組んだエンジンが引っ張りだこの理由とは

軽トラをカスタムするオーナーの紹介画像はこちら

 シートは2脚ともレカロSR-7Fに載せ替え。ステアリングも「純正はいやだったので」MOMOのプロトタイプと交換している。パネル類はブラックウッドに。ドア内張りは自作でアルカンターラで張り変える。シフトノブは近未来ちっくな個性的デザインを選び、追加メーターも搭載。軽トラをカスタムするオーナーの紹介画像はこちら

 ルームミラーには「一六番星」。泥臭い改造車テイストと、新しさが混在することで、他とは一線を画すネオクラシカルなキャリイが完成している。軽トラをカスタムするオーナーの紹介画像はこちら