「右から抜くか?」「左から抜くか?」意外と奥が深い「サーキット」での「追い越し問題」ついにピリオド (1/2ページ)

「右から抜くか?」「左から抜くか?」意外と奥が深い「サーキット」での「追い越し問題」ついにピリオド

サーキットの「追い越し」ベストな方法は?

 追い越しが禁止された体験走行でもない限り、サーキットでは抜きつ抜かれつが当たり前。事故が発生しやすくビギナーにとっては緊張する瞬間だが、安全に抜く&抜かれるにはどんな方法がベストなのか。シチュエーション別に紹介する。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

アクシデントの大半は「オーバーテイク」時に発生

 一般道に比べれば安全といわれるサーキットだが、他車と接触する事故が起きないワケではない。その大半はオーバーテイク時に発生するといわれている。原因はマシンコントロールのミスだけに限らず、ドライバー同士の意思疎通が不十分なせい。つまり抜く側と抜かれる側がしっかり意思表示を行えば、サーキットで起きる接触事故の多くは防げるはずなのだ。

【関連記事】身障者チームの挑戦!青木拓磨、ル・マン24時間本戦に向け最終調整終了

サーキット走行では右から抜くか左から抜くかを解説画像はこちら

 まずは抜かれる側がやるべきことから説明しよう。後方から明らかに速度差のあるマシンが迫って来たら、自分が『避ける方向』にウインカーを出すのが基本。以前は「抜いてほしい方向にウインカーを出す」なんて説明するドラテク本もあったが、一般道で徐行もしくは一時停止し、後続車に道を譲る状況を想像してほしい。

 日本は左側通行なので必ず左にウインカーを出すはずで、右に出したりすれば意思はまったく伝わらないだろう。むしろ右折するのかと勘違いされ相手を混乱させたり、事故などのトラブルにつながる危険性もある行為だ。サーキットでも人間の感覚は一緒で、急に逆のパターンに対応するのは難しい。

画像ギャラリー