車中泊&キャンプで「最高の一杯」を!  生豆の焙煎からコーヒーを美味しく作る「コツ」とは (1/2ページ)

車中泊&キャンプで「最高の一杯」を!  生豆の焙煎からコーヒーを美味しく作る「コツ」とは

本格コーヒーでワンランク上のアウトドアを

 大自然の中、小鳥のさえずりとともに目覚めた朝。コーヒーの香りを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごす。キャンプの朝はとびきり美味しいコーヒーで目覚めたい。とはいえ、本格的とは言っても焙煎どころか豆を挽くことすら難しそうと感じて、なかなか手を出せない人も多いと聞く。ビギナーでも生豆の焙煎から美味しく作るコツや必要なアイテムについてここで解説したい。

自然は最高の調味料! インスタントでもいいけれど……

 キャンプに限らずアウトドアは最高の調味料。たとえ缶コーヒーだろうとインスタントだろうと、自然のなかで飲めば美味しさは倍増だと思っている。とはいえコーヒーは作る過程も楽しいし、そこで漂う香りを含めて楽しめる飲み物。最初はハードルが高いと感じるかもしれないが、コツさえつかんでしまえば意外とカンタンだし、美味しさや充実感はインスタントの比じゃない。

【関連記事】「アメ車丸目」に「先祖帰り顔」! 超弩級のハイエース「顔面整形」カスタム3選

アウトドアでも楽しめる本格コーヒー作りに挑戦!画像はこちら

生豆からの「手作り」に挑戦してみよう!

 まず「生豆」と呼ばれる状態からの焙煎について説明しよう。生豆はコーヒー専門店でも手に入ることが多いし、近くにそういったお店がない場合は、ネットでも簡単に手に入る。誰もが見慣れた黒色や茶色のコーヒー豆は、精製した生豆を加熱し炒る工程を経た状態。これを「焙煎」と呼び、時間の長さや火力によって香りも違えば苦味や酸味も大きく変化するのだ。

アウトドアでも楽しめる本格コーヒー作りに挑戦!画像はこちら

 直火式に電気式と家庭用の焙煎機はたくさん発売されているけれど、アウトドアで使うなら容量があまり大きくない直火式の一択。ただし専用のギアじゃなくとも焙煎の過程で出る「チャフ」と呼ばれる焼けた薄皮を取り除ける金属製のザルや、ぶっちゃけフライパンや鍋でもできないことはない。いずれにせよバーナーを使うなら中火で熱源からの距離は15cmほど。

アウトドアでも楽しめる本格コーヒー作りに挑戦!画像はこちら ムラが出ないよう豆を入れた容器を横方向に振りながら加熱する。10分ほどで豆がパチパチと音を出し(爆ぜと呼ぶ)始め、そこで終わらせればいわゆる“中煎り”と呼ばれる状態。さらに10分ほど続けるともう一度「爆ぜ」が起き、中煎りと深煎りの間くらいの濃さが出来上がる。

ムラ煎りと焙煎し過ぎには注意したい

 それ以上加熱するのが深入りで、香りより苦味がかなり強くなってしまう。好みが分かれるため、個人的には18~20分ほどの焙煎がオススメ。ちなみに火を止めても余熱で焙煎はどんどん進んでいくので、充電式の扇風機などで風を当てるのが狙いどおりに仕上げるコツだ。風が強いと火力が安定しにくくムラが大きくなってしまうので、風が当たりにくい場所を選んだり風防を使うようにしたい。よく「美味しいのは焙煎の直後よりも3日か4日くらい後」と言われるけれど、お店で出す売り物というワケじゃないんだし、雰囲気を優先していいと思う。

アウトドアでも楽しめる本格コーヒー作りに挑戦!画像はこちら

画像ギャラリー