「シトロエンバス顔面キャリィ」に「極太鉄チン履きアクティ」! 自由過ぎる「軽トラカスタム」の世界 (1/2ページ)

「シトロエンバス顔面キャリィ」に「極太鉄チン履きアクティ」! 自由過ぎる「軽トラカスタム」の世界

どんなカスタムも似合ってしまうのが軽トラの魅力

 軽自動車カスタムの中でも、最近とくに熱い(熱すぎる!?)のが軽トラだ。仕事はもちろんキャンプやアウトドア用品も積めちゃう機能性に加え、アゲても下げても、可愛くもイカツくしても似合ってしまう、カスタムに対する懐の深さにある。ある意味、自分の好きなようにどうにでも見せられる。だからこそ軽トラカスタムは実に個性的な装いが次々登場してくるのだ。

 そんないまもっとも勢いのある軽トラカスタム車から、今回はアメ車風に可愛くまとめたキャリイと、仕事用シンプルクール仕様なアクティの2台をピックアップしてみた。

シトロエン顔面でレトロ可愛く

 前から見ても後ろから見てもインパクト絶大。ベースは63キャリイだが、顔面は「ずっと前から欲しかった」シトロエンバス顔にガラリと変更。クリーム色×ダークレッドのカラーリングも絶妙で、レトロ可愛い雰囲気をまき散らす。

【関連記事】ミシュラン パイロットスポーツカップ2に新規サイズが追加! 15台限定でモニター価格にて販売中

シトロエンバス顔面キットを装着したスズキキャリイ画像はこちら

 リップ部分には電飾をセット。ピンクのライトがアクセントとなっている。実はデコトラにも乗っていて、デコトラクラブの副会長も務めているオーナー。電飾も含めてそこかしこに、デコトラ仕込みのセンスが垣間見える。シトロエンバス顔面キットを装着したスズキキャリイのフロントビュー画像はこちら

「だから最初は軽トラもデコトラちっくにしようかとも思ったんですが、それじゃおもしろみがないかなと思って、手っ取り早く目立つ方法を考えた結果のこの仕様です」。

キュートなベティちゃんがトレードマーク

 屋根の上からぴょこんと飛び出て見える煙突マフラーは遊び心のダミー。触っても熱くないので安心である。そしてリヤにはバイクに乗ってポーズを決める大きなベティ・ブープのイラストを掲げる。「ベティちゃんは前の愛車からいました」という、このオーナーのトレードマーク的存在なのだ。ダミー煙突マフラーを付けたスズキ・キャリイの荷台画像はこちら

 足まわりはノーマル。ホイールはむっちりとしたスポークが魅力的なKST-9の12インチを履く。

ウッドのアオリでクラシカルに

 荷台も個性的。レトロな可愛さを感じさせるウッドのアオリは「こういうキットがあったので使ってみました。木製なので、こまめにペンキを塗らないとすぐに傷みます(笑)」。木で作った軽トラックのあおり画像はこちら

 そして荷台には4トン車などによく積まれているボックスを、トランク代わりに設置。ここにもベティちゃんを筆頭に、各種ステッカーでデコって楽しむ。トラックに使われているBOX画像はこちら

 腹下にはピンクのハートの吊り輪も付けて、目指したのは「可愛い軽トラ」。ちなみにデコトラ仲間の反応は「うーん、賛否両論です(笑)」。

画像ギャラリー