6400万円でもバーゲン価格?「ランチア037ラリー」復刻モデルが「本物を超える」完成度だった (1/3ページ)

6400万円でもバーゲン価格?「ランチア037ラリー」復刻モデルが「本物を超える」完成度だった

最近流行のレストモッドスタイルで「復刻」

 知人と電話しているときのこと。たわいもない会話の途中で「そういえば、ランチア037ラリーが復活するらしいよ。それも名だたるメンバーが仕立て上げているから相当な作り込みらしい」という話が上がってきた。早速教えてもらったHPにアクセスをすると言葉を失った。最近流行のレストモッドスタイルではあるものの、かつてのランチア・ラリーそのものだからだ。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

まるでランチア037ラリーのようなサイドエアインテーク画像はこちら

ランチア・ラリーとはどんなクルマだったのか?

 クルマ好きには説明が不要かもしれないが、あらためて解説をすると1982年から始まるGr.BカテゴリーのWRCに参戦をするためのマシンとして登場したのがランチア・ラリーだ。シャーシはランボルギーニ・ミウラやBMW M1の設計も手掛けたジャンパオロ・ダラーラ、エンジンはアバルト製、ボディはフェラーリのデザインも担当しているピニンファリーナという豪華な陣容で、競技用に開発されたとは思えない美しいスタイリングを持つ。

【関連記事】ダイハツ「コペンGR SPORT」はカスタムしても楽しい? 気になるポイントをチェックしてみました【AMWリレーインプレ】

1982年に登場したランチア・ラリー画像はこちら

 ちなみに開発車両コードには「SE037」が付けられ、マニアから「037ラリー」とも呼ばれる理由は、これに由来するもの。その037ラリーを、イタリア人のラリードライバーであり起業家でもあるルカ・ベッティが率いるキメラ・オートモーティブ社が現代版としてモディファイしたモデルが「EVO37」。5月22日に発表されたものだ。5月22日にアンベールされたEVO37画像はこちら

最新技術を惜しみなく採用

 それもただ復刻するだけではなく、冒頭でも少し触れたがレストモッド、つまりはレストアとモディファイをかけ合わせた造語で、古き良きデザインの魅力を殺すことなく、随所に最新のテクノロジーを附合させて作り上げたものなのだ。当時の弱点を改良したモデルと言っても過言ではない。リヤにそそり立つウイングはワークスマシンそのもの画像はこちら アメリカ車などでよく見かけるスタイルだが、最近ではフェラーリ250GT SWBのレストモッドスタイルが発表されるなど、クルマ好きに密かに注目されているジャンルだ。

開発メンバーは当時も関与していたメンバーが参加

 この開発プロジェクトを実現するために開発メンバーにはオリジナルの037ラリーに深く関わったメンバーが協力をしている。当時、ランチア・アバルトのラリー部門のボスであり、037ラリーの開発者でもあったセルジオ・リモーネがシャーシとセットアップを担当。エンジンはランチアのエンジニアとして活躍したクラウディオ・ロンバルディ、生産工程と構造材料はヴィットリオ・ロベルティとフランコ・イノチェンティによって進められた。キメラオートモビルの創立者ルカ・ベティとクラウディオ・ロンバルディ画像はこちら

 そしてマシンのテストを行うのは、1988年と1989年に2度のWRCチャンピオンに輝いたミキ・ビアジオンというのだから、本気度がうかがえる。