ジムニー&シエラオーナー必見! 街乗りからオフロードまで対応する足まわりプランの気になる中身

ジムニー&シエラオーナー必見! 街乗りからオフロードまで対応する足まわりプランの気になる中身

あなたのニーズに応じてサスペンションを選びたい

 人気のJB64Wジムニー&JB74Wシエラだが、足まわりを交換することでどんなメリットがあるのか。レースシーンでも活躍する老舗4駆メーカーの「4×4エンジニアリング」に、超初心者にもわかるよう解説してもらった。足回りの特性を理解した上で、ぜひ自分に合ったスタイルを見つけてほしい。

純正の足まわりの特性を知ろう

 ジムニー&シエラのオーナーの中には、純正の足まわりに不満を感じている人も多いと思う。車両自体が高さのある形状なのも相まって、純正サスペンションの特性上コーナーを曲がる際にフワフワ感を感じやすく、それを解消したいと訴えるユーザーが多数。スズキ・ジムニーの足回り

 そこで4×4エンジニアリングでは、実際にシエラオーナーであるスタッフのリアルな声を製品開発にフィードバックさせ、街乗りでもオフロードでも快適に走行できるこだわりの足まわりを完成させた。スズキ・ジムニーの足回り

 ただ、ユーザーによって望むスタイルや目的が異なるため、希望に応じたプランの提案を行っているのが注目したいポイントだ。たとえば、車高そのままで乗り心地をとにかく改善したいのか、乗り心地に加えてスタイルアップも図りたいのか、ホイール&タイヤも交換したいのか。それぞれのプランに応じた製品と、その製品を装着することでの効果をわかりやすくまとめてみた。

【プラン1】車高はそのままに、乗り心地だけを改善したい!

 車高はそのままに、乗り心地を改善したい人には、ショックだけを交換するこのプランがオススメ。下の写真を見てもわかるとおり、ショック自体の太さを純正以上に確保することで、剛性と操縦安定性を向上。さらに純正と比べ、ショックがストローク(伸び縮み)する速度をゆるやかにし、乗り心地アップを実現する。スズキ・ジムニーの純正ダンパーと4×4エンジニアリングのダンパー

 ダイヤル部分を回すことでショックが伸縮するスピードを調整できる、減衰力調整機構付き。フロント、リヤともに14段階で調整でき、この調整で足まわりの固さが変更できる。4×4エンジニアリングのダンパーのダイヤル調整

 フロントのショックには、ハーモフレック機構を採用。これは、小さい段差やマンホールなどを乗り越える際に発生する微振動をしなやかに吸収することで、乗り心地を格段に向上できる画期的なもの。ジムニー&シエラ用でこの機構と減衰力調整機能を搭載したのは、現状おそらくこの製品だけだ。4×4エンジニアリングのダンパー

 

ビッグカントリーエキップ ショックアブソーバー(JB74Wシエラ用)

◆フロント:¥24,200(税込)/本

◆リヤ:¥19,800(税込)/本

※JB64Wジムニー用も同金額で設定

【プラン2】乗り心地向上に加え、30mmリフトアップさせたい!

「プラン1」のショックに加え、30mmのリフトアップを実現できるスプリングがセットになったのがこの製品。乗り心地アップについての解説は上記の「プラン1」と同様なため、そちらを参考にしてほしい。スプリングへのこだわりも深く、純正より固めにセッティングし、ショックとの相性をとことんまで追求。上げ幅30mmという数値は、乗り心地を損なわないギリギリのラインを狙ったものとしている。4×4エンジニアリングの足回り

 

カントリーサスペンションキット

◆1台分 ¥135,300(税込)

※JB64Wジムニー用も¥134,200(税込)で設定

【プラン3】インチアップしたホイール&タイヤも履かせたい!

 乗り心地の向上と30mmの車高アップを実現できる、「プラン2」のカントリーサスペンションキットを装着し、さらにホイール&タイヤも交換するのがこの「プラン3」。シエラにオススメしたいホイールがこのAir/G Rocks(エアージーロックス)で、中心に向かって深く落とし込んだすり鉢状のデザインが特徴的だ。カラーは2種をラインアップし、いずれもリム部分にダイヤカットを施すことで、大口径に見せる工夫も。オプションでリムリングも設定する。タイヤもワイルドなゴツゴツ系タイヤを推奨。

ホイール&タイヤ交換時には足まわりも変更を

 タイヤ&ホイールの変更により重量増になることも少なくない。そんな場合でもカントリーサスペンションなら重量のあるタイヤ&ホイールに対してもしっかり対応が可能だ。

タイヤ外径が大きくなる分車高もアップ

 デモカーに装着するオープンカントリーM/Tは、純正よりもタイヤの外径が約5cm大きくなる。そのため車高が約25mmアップする。カントリーサスペンションキットでの上げ幅も含めると約55mm車高が上がることになる。

背面タイヤ&ホイールもぜひ変更を!

 背面タイヤ&ホイールも変更するだけで、スタイリングが大きく変化する。サイズ感も変わるため、存在感も格段にアップ。

 

カントリーサスペンションキット

◆1台分 ¥135,300(税込)

※JB64Wジムニー用も¥134,200(税込)で設定

◆ホイール:Air/G Rocks(エアージーロックス) F/R6J×16in inset−5/139.7

◆カラー:マットブラック(¥43,450、税込)、ステルスブロンズブラッシュド(¥50,050、税込)

◆タイヤ:TOYO TIRES オープンカントリーM/T FR225/75-16

さらに追求したい上級者には

 4×4エンジニアリングでは補完パーツとして、ハンドルのふらつきを抑制してくれるステアリングダンパーや、走行安定性を向上させるラテラルロッドもラインアップ。また、リフトアップによる光軸のズレを補正するLEDヘットランプレベライザーも設定する。

4×4 Engineering
◆フォーバイフォーエンジニアリング
◆tel.052-715-4411
◆URL:https://www.4x4es.co.jp

 2021年4月に、名古屋市東区に4×4エンジニアリングのショールームがオープン。足回りからホイールまで製品をズラリと展示しているから、興味のある人はぜひ訪ねてみてほしい。

画像ギャラリー